第二新卒におすすめする転職先の選び方

第二新卒になってしまったら、次はどんな転職先を選べばスムーズに社会復帰できると思いますか?

前の会社と同じ業種?それとも新しいことにチャレンジしてもいいの?思い切って大手企業を狙ってもいいのかなぁ?

いろいろなことを考えると思います。

そこで今回は、第二新卒を経験した私が考える、第二新卒のおすすめの転職先を紹介していきたいと思います。

第二新卒のおすすめの転職先とは?

大手よりも中小企業がおすすめ

私は、第二新卒は大手よりも中小企業に転職したほうがいいと思っています。実際に私も中小企業へ転職を果たしました。

こう思う理由は、圧倒的に、中小企業を狙って転職活動を行ったほうが簡単だからです。

私も初期の頃は、大手志望でした。大手のほうが断然、福利厚生もいいし、収入も安定していますから。しかし、第二新卒のような、前の会社をすぐに辞めるような人は、大手企業から採用してもらうのは困難です。

事実、私が大手企業に選考の応募をした時、全く相手にされず、選考に進む前にお断りメールを頂きました。

大手企業というのは、毎年大量の応募があり、より優れた新卒を集めるだけの知名度があります。要するに人材確保には困っていないんですよね。

だから、第二新卒は、なるべく福利厚生が完備された中小企業を探すといいです。

即戦力として社会人スキルが学べる会社が良い

第二新卒になってしまうと、懸念されるのが、同年代の社会人との差です。

前の会社を3年未満で辞めてしまったことで、せっかく身に付くはずだったスキルが中途半端な状態で止まってしまいました。

今後社会人スキルを身に付け、成果を上げていくためには、なるべく自分を即戦力として扱ってくれる会社が望ましいです。例えば、ベンチャー企業や中小企業のような、発展途上でまだまだ成長していける企業では、社会規模を大きくしていくための仕事を任されやすいので、おすすめです。

新しいことにチャレンジしても良い

「第二新卒みたいな中途半端な人材が新しいことにチャレンジしてもいいのかな?」と考えることもあると思いますが、これについては全く問題ないと思っています。

まだまだ若いということもありますし、仕事は自分が興味を持てるものにしたほうがモチベーションが上がります。

また、人材紹介会社によっては、若い人材を専門的にサポートしてくれ、さらに、未経験OKの求人をたくさん取り扱っているところがあります。具体的には、私も利用した「ハタラクティブ」です。

離職率が低い求人は扱っていませんし、福利厚生も最低限のレベルをクリアした求人しかありません。また、扱っているすべての求人の会社に取材をしているので、社風なども把握されています。

私が転職活動していた時は、「ブラック企業には絶対転職したくない」と感じていましたから、こうした人材紹介会社のサービスはかなり役に立ちました。

転職を機に新しい業種を選んでみてもいいと思いますよ。

公式サイト⇒ハタラクティブ

まとめ

おすすめの転職先と言っても、「この業種がおすすめ!」「この企業がおすすめ!」なんてことまでは言えません。人によって得意不得意は千差万別ですからね。

ただ言えることは、「福利厚生が整った中小企業」ということ。

かなり現実的な答えになってしまいましたが、これが私の経験上言えることです。是非これらのことを参考に企業を探してみてください。

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする