半年(6ヶ月)で会社を辞めた第二新卒が転職する方法とは?

「新卒でせっかく入った会社をたった半年で辞めてしまうなんて、非常にもったいない」

こんなことは私、考えていません。辞めたいならさっさと辞めて、次に進めばいいと思っています。実際私は新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めています。それでも転職することは出来ました。

そこでこのページでは、半年で会社を辞め、第二新卒としてこれから転職活動を始めようとしている人のために、おすすめの転職方法を紹介していきたいと思います。

真っ先に人材紹介会社を使え!

半年で会社を辞めてしまうような第二新卒が、スムーズに転職活動を進めるためには、人材紹介会社に頼るしかないと思っています。

人材紹介会社にもいろいろと種類はありますが、特に使ってほしいのがハタラクティブマイナビジョブ20’sといった、若い人限定のものです。

こうしたサービスを使うメリット・デメリットを簡単に説明します。

メリット

  • 専属アドバイザーが内定までのサポートをしてくれる
  • 提出書類の作成を手伝ってくれる
  • 面接対策を行ってくれる
  • 選考の日程をアドバイザーさんが調整してくれる
  • 利用料は完全無料である
  • 第二新卒や既卒など若い人向けなので、扱っている求人も若い人材を欲しがっている企業ばかりである
  • すべての企業に取材をしているので、ブラック企業を紹介されることはない
  • 最低限の福利厚生は備わっているので、優良企業である

デメリット

  • 支店に行かなければ基本的にサポートは受けられない
  • 大手企業の求人はない(大手は主に、新卒や社会人経験3年以上の人材を採用するため)
  • 専属アドバイザーさんと一緒でないと転職活動は進められない

私が利用した感想は、「全体的にデメリットは感じなかった」です。

なぜなら、もともと第二新卒は大手に行くことなんて難しいと思っていましたし、支店に行くのも苦ではなかったからです。また、一人で転職活動をするのが心細かったので、アドバイザーがいてくれて精神的にも良かったと思っています。

第二新卒の転職の現実(現状)を教えてあげよう!』のページにも書いていますが、私は他の求人サイトやハローワークなどを利用してきました。そして、それらが第二新卒の自分には合っていないことを身をもって体感しました。

だから、これから第二新卒として転職活動を始めようとしている人は、わざわざ遠回りせず、効率的な方法を選択してほしいと思います。

公式サイト⇒ハタラクティブ

まとめ

私が集団面接をしている時、隣に、半年で会社を辞めた人がいましたが、面接官は「まぁ6ヶ月だとまだ社会人経験はあるとは言えないね~」とさらっと言われていました。

人にもよるとは思いますが、働いた経験が1年未満の人は、そんなに評価されません。

ですから、自分の不利な状況を認めて、利用できるサービスはどんどん利用していくのがいいと思いますよ。

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする