第二新卒が転職できるまでの期間を紹介

第二新卒で転職をする時に心配になるのが、「どれくらいで転職することが出来るのか?」です。

個人差はあるとはいえ、平均的にでも転職までの期間を知りたいものです。私も、人材紹介会社を使った時に、初日に専属アドバイザーに「みんなはだいたいどのくらいで転職していきますか?」と質問をしました。

そこでこのページでは、第二新卒が転職できるまでの平均的な期間と、私が転職できるまでにかかった期間を紹介していきたいと思います。

第二新卒が転職できるまでの期間

実際にデータがあるわけではありませんが、専属アドバイザーに聞いた話を以下に書いていきます。

専属アドバイザーがいわく、多くの第二新卒は3ヶ月以内には転職先を見つけ、入社していくようです。また、早い場合だと3週間足らずで転職を成功させる人もいます。ただ、これらの例はすべて、人材紹介会社のサービスを利用しながら転職活動を行った結果。

専属アドバイザーとともに求人をいくつも見ていき、模擬面接等のサポートを受けながら各企業の選考に挑んでいきます。

ちなみに私が利用していたのは、東京にしか支店のない「ハタラクティブ」でしたから、遠くに住んでいて頻繁に支店に通えない人はなかなか転職活動も進まず、1年ほど経っている人もいました。

そうしたことから、せっかく人材紹介会社を使うのであれば、住んでいるところの近くにあるものを使ったほうが良いでしょう。

私が転職できるまでにかかった期間

私が民間企業への転職を決断してから、転職先が決まるまでの期間は約1ヶ月でした。

ただし、前の職場を辞めてからは約4ヶ月ほど公務員試験を受け続けていたので、公務員試験を受けた期間も転職時期とするならば、合わせて5ヶ月間になりますね。

公務員試験はどこも落ちてしまったので、その後民間企業への転職を志すようになり、人材紹介会社を使っておよそ1ヶ月で内定ゲットでした。

民間企業の転職活動1ヶ月でやったことなど

民間企業への転職活動はたった1ヶ月間ですが、なかなか濃い1ヶ月だったと感じています。

1ヶ月の間で受けた企業は5つですし、それぞれの企業で1~3次試験を受けているので、選考回数は10を超えます。時に、1週間で3つの企業の選考を受けたこともありました。このスピード感は新卒の就活並みです。

この経験から、1人で転職活動をするよりも、専属アドバイザーのサポートを受けながらのほうがスムーズに進むと感じています。

転職期間は人によってさまざま

転職期間3ヶ月はあくまで専属アドバイザーに聞いたデータであり、実際はどうなのか分かりません。

積極的な人・社会人スキルがある人は、1人でガツガツ転職活動をしたほうが早く決まるかもしれません。消極的な人・面倒くさがりな人は、人材紹介会社を使ったほうが早いと思います。

私はどちらかというと消極的で、複数の企業の選考を同時に進められるような器用さがなかったので、人材紹介会社に助けられました。

あなたはどのタイプでしょうか?

自分の性格にあった転職活動の方法でやってみましょう。

第二新卒がホワイトな企業に転職する方法

第二新卒が転職でハローワークを使うとこうなる

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする