第二新卒だった私の転職体験談を紹介

これから第二新卒として転職活動を始めようとしている人は、不安だらけですよね?そして、「第二新卒はどんな流れで転職活動するんだろう?」と疑問に思うことがあると思います。

そこで今回は、第二新卒だった私がどのようにして転職を成功させたのか、体験談を紹介していきます。

読んだら、第二新卒の転職は案外簡単なんだなってことが分かると思います。

第二新卒だった私の転職体験談

新卒で公務員に就職するも3ヶ月で退職

私は「安定した職に就きたい」という安易な考えから、新卒で就職活動をしている時は公務員を目指していました。難易度の高い筆記試験や小論文がありましたから、勉強は大変でした。筆記については得意な分野(判断推理・数的処理)に絞って勉強をし、得点を稼ぐ作戦でやっていました。

結果、受かってはれて公務員の道へ。

しかし、現実は残酷です。人間関係が原因で、たった3ヶ月で退職するに至りました。

また公務員を目指し、年内の内定を狙った

公務員を退職しましたが、もう一度試験を受けて公務員になろうとした私。

公務員試験は実力主義ですから、新卒とか第二新卒とかはあんまり関係ないことが多いです。なので、夏に実施される公務員試験を次々と受けていきました。

中には、2次試験のグループディスカッションをパスして、3次試験の小論文試験にまで進むことが出来ましたが、結局落ちてしまいました…。この時はショックでした。

そして、今後のことを考えました。公務員の勉強をやり直してまた来年試験を受けるか、民間企業への転職活動を開始するか。考えた末、「早く自立したい」という気持ちが勝ったので、民間企業への転職を決意しました。

人材紹介会社への登録を行う

最初はリクナビNEXTなどの、自分で企業を選んで自分で応募するタイプの求人サイトを利用していました。でも、ホームページで企業の説明文を見ているだけだと、本当にその企業が自分に合っているのかが分かりづらいんですよね。

また、実際に応募しても断られることも多かったですし。

色んな求人サイトに登録していく中で、たまたま登録していたのが『ハタラクティブ 』のような若者向け求人サイトでした。

%e3%82%b3%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%a6%e3%83%8f%e3%82%bf%e3%83%a9%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96

利用できるのは、第二新卒や既卒などの20代の若者のみです。また、求人も、若い人材を欲している企業のものが多かったので、非常にマッチングしやすかったです。

特にすごいのが、選考の早さ。アドバイザーとともに受けたい企業を見つけたら、どんどん選考日程が決まっていき、選考が進みます。私は3週間の間で計5社の選考を同時に進めていき、最終的に第一志望の企業から内定をもらうことが出来ました。

選考を進めていく中で、「やっぱりこの企業は嫌だな…」と思えば、その旨を専属アドバイザーさんに相談すればいいですし、サポートも充実していたので、1人でやるよりも断然良かったです。

まとめ

私は新卒の時にすでに自分のアピールポイントが固まっていたので、第二新卒になってからも面接ではあまり困ったことがありません。それは1つ良かったのかなと思います。

でもやっぱり、1人だけで転職活動を抱え込まなかったのは大きいです。人材紹介会社に通っていると、自分と同じ立場の人を見ることが出来て安心しますし、選考の日にはちょっと話をしたり情報交換したりして、寂しさが和らぎました。

もしこれから転職活動を本格的に始めるのなら、丁寧なサポートをしてくれる人材紹介会社を選ぶことをおすすめします。

公式サイト⇒ハタラクティブ

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする