第二新卒が転職する最適なタイミング(時期)はあるか?

新卒で企業に入社したものの、何らかの不満があって退職。第二新卒として転職を始めようとしている方も多いのではないでしょうか?

私も大学卒業までは順調な人生を歩んできましたが、最初に入った会社で人間関係に悩まされ、たった3ヶ月で辞めてしまいました。私の周りの友人にも、将来的に転職を考えている人や、実際に転職を成功させた人もいます。

では、第二新卒が転職をしようと思った時に、適切なタイミングはあるのでしょうか?今回は、第二新卒が転職に有利な時期について説明していきたいと思います。

第二新卒が転職するタイミングとは?

求人数は1年を通して増えたり減ったり。私が知っている情報によると、人事異動が多い3~4月や10月辺りで求人数が増えるようです。

だとすると、その時期を見越して、その1ヶ月前くらいから本格的に転職活動を開始するのもアリかなと思います。

でも、すでに企業を退職しているのなら、その時期まで待っている心の余裕はありますか?私が第二新卒になったばかりの頃は「無職のままではヤバい…」と感じ、焦っていました。すぐにでも次の就職先を見つけたいと考えていました。

第二新卒は今すぐに転職活動を開始すればよい

第二新卒の人は、今すぐに転職活動を始めたほうがいいと思っています。その理由は主に2つあります。

1.第二新卒は人材不足の企業にとって需要が高い

新卒ならば、4月入社と決まっているので、1年を通してじっくり就職活動を行いますよね?

しかし、第二新卒は新卒とは違います。第二新卒が主に狙う企業というのは、たった今人材不足で困っている企業です。ただ、人材不足の企業だからといってブラック企業なわけではありません。福利厚生が充実している優良企業も多く存在します。

その理由は、多くの新卒が大手企業しか狙わず、たとえ優れた中小企業でも十分な人材が集まりにくいからです。

ですので、人材不足に陥っている優良企業は、若者向けの求人サイト『ハタラクティブ』などに求人を出し、すぐに人材を補充したいと考えています。私の場合は採用後1ヶ月で入社しました(12月に入社)。

自分に合った企業の求人がいつ現れるか分からないので、転職開始のタイミングを小難しく考えるのではなく、今すぐに行動を開始するべきだと思うのです。

2.空白期間(ブランク)が長くなるほど印象が悪くなる

前の企業を辞めてから、すぐに転職活動を開始している人と、3~4ヶ月も間が空いたのちに転職活動を始めた人、どちらが面接官からの印象が良いでしょうか?

これは明らかに、すぐに転職活動を開始した人のほうが印象が良いです。働く意欲が感じられますからね。

ブランクがある人は、必ずと言っていいほど面接官から何をしていたかを聞かれます。私の場合は「〇〇でアルバイトをしていました」と無難に答えました。しかし、この時一緒に集団面接を受けていた人は、資格を取れていないのに「資格を取るために勉強をしていました」と答え、面接官からの「最終的に資格を取ることは出来たのですか?」の切り替えしにうまく対応することが出来ず、墓穴を掘っていました。

なので、特に本気で取り組むことがないのなら、すぐに転職活動を始めたほうがいいでしょう。

転職活動を開始する適切なタイミングは今!

何か自分に誇れるスキルがあって、大手企業の選考にも自信を持って臨めるのであれば、求人数が増える時期を狙って転職活動を始めてもいいと思います。

しかし、ほとんどの第二新卒は社会人経験も少なく、アピール要素も少ないと思いますから、すぐに活動を開始して、少しでも早く自分に合った企業を見つけたほうがいいです。

東京周辺で職を見つけたい場合は、1都3県の求人を扱っている若者向け求人サイト『ハタラクティブ』がおすすめです。店舗が渋谷と立川にしかない分、関東の求人だけを取り扱っており、内定までアドバイザーがサポートしてくれるので心強いです。

公式サイト⇒ハタラクティブ

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする