第二新卒の転職は新卒枠と中途採用枠のどっち?

「第二新卒」って、なんだか中途半端な位置付けに思えませんか?

新卒で入った会社を3年以内に辞めた人のことを「第二新卒」って…

第二「新卒」って言うくらいだから新卒の扱いなのか、それとも、転職だから中途採用枠を狙ったほうがいいのか、どちらが正しいのでしょうか?または、どちらのほうが第二新卒にとって有利なのでしょうか?

そこで今回は、第二新卒が転職をする際は、新卒枠か中途採用枠か、どっちなのかをハッキリさせたいと思います。

第二新卒は新卒枠でも中途採用枠でもどちらでもいけるが…

実は、第二新卒は新卒枠でも中途採用枠でも就職活動を行うことができます。

しかし、残念なことにどちらにもデメリットが存在します。

【第二新卒が新卒枠で就活するメリット・デメリット】

  • メリット
    • 大手企業を受けることが出来る
  • デメリット
    • 強敵な新卒がライバルとなる
    • 大手企業は新卒をメインに採用する

【第二新卒が中途採用枠で就活するメリット・デメリット】

  • メリット
    • 自分のスキルを活かして前の企業よりもいい企業に転職できる可能性がある
  • デメリット
    • 社会人スキルがないと中途採用は厳しい
    • 社会人経験が3年未満の人は受けられない場合が多い

そもそも第二新卒は前の会社をすぐに辞めている人が多いので、欲しいと思ってくれる企業は簡単に見つからないのです。ではどうしたらいいのでしょうか…?

第二新卒は第二新卒枠として考える

私が第二新卒を経験した結果、第二新卒は第二新卒枠として考えるべきなんじゃないかと思うようになりました。

第二新卒の特徴は、あまり社会人スキルがないけど、まだまだ若い人材であること。そして、こうした人材を欲しがる企業といえば中小企業です。

これは人材紹介会社の専属アドバイザーさんから聞いた話なのですが、中小企業は大手よりも知名度が低いので、人材不足に陥りやすいんだそうです。たとえ福利厚生が良くて安定した業績をしていても。

基本的に中小企業は将来を担う若い人材を欲しがっていますから、第二新卒は中小企業を中心に企業を探したほうがいいのです。

私はこうして内定をもぎ取った

私はリクナビNEXTやハローワークを使って企業を探しましたが、なかなか第二新卒を採用してくれる企業は現れてくれませんでした。

そして結局、ハタラクティブ(若者向けの人材紹介会社)を使って中小企業から内定をもらうことが出来ました。

中小企業と言えどあなどってはいけません。最低限の福利厚生は完備されていて、全国に支店を持ち、数々の賞をもらっている企業です。

案外、中小企業にも優良企業はありますよ。逆に大手企業だって激務でつらいところもありますからね。「中小だから…」「大手だから…」とイメージだけで決めつけないほうがいいです。

ちゃんと会社の中身を知ることで、自分に合った企業かどうかを判断していきましょう。

第二新卒の正しい転職サイトの選び方

転職・就職活動

若者向け人材紹介会社

私も利用した「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

私が第二新卒の時に利用した求人サイトです。支店は渋谷と立川にしかありませんが、その分関東の求人を取り揃えている実績高き求人サイトです。

東京周辺で企業を探したいなら利用してみましょう!

公式サイト⇒ハタラクティブ

成長市場に切り込むなら「ワークポート」

ワークポート

かつてはIT・Web業界の求人ばかりでしたが、今は幅広い業種の求人を扱うようになり、若者求職者も支援するようになりました。まだまだIT系の求人に強いため、成長市場の企業に就職したいなら使ってみましょう。

公式サイト⇒ワークポート

全国に支店がある「いい就職.com」

いい就職.com

全国に支店があるので、誰でも使いやすいんじゃないかと思います。親身なサポートと効率的なスケジューリングが高評価です。

公式サイト⇒日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

Sponsored Link

フォローする