赤ちゃんの頃からアトピー性皮膚炎だった私の、その後の20年。効果のあった・なかった治療法。漢方、水、蛇の抜け殻などを使ってきた感想。

アトピーに悩んでいる方はいつも孤独な戦いです。

かゆくて、でも掻いたらまた元のボロボロな肌に戻ってしまう…

乾燥が天敵…冬なんて一番気を使わないといけない季節です。

こういう私は赤ちゃんの頃からアトピーで、もうアトピーと一心同体なレベルです。

ここでは、私のこれまで実践したことのある治療法と、その感想について書いていきたいと思います。

私のアトピー事情

親に聞くと、私は生まれてきた時からアトピーでした。

アトピーの症状が出ていた場所は、

  • 顔(真っ赤っか)
  • 肘の裏
  • 膝の裏

です。

私は自分がアトピーだからといって、今までアトピーについて何も調べてきませんでした。

その理由はずっとアトピーとともに生きてきたので、アトピーであることが当たり前だと思ってきたからです。

また、そんな簡単には治らないと、すでに身を持って知っているからです。

では今の状況はどうなんだと言いますと、

  • 顔は幼稚園前に完治
  • 肘の裏は高校生の時くらいに完治
  • 膝の裏はまだ治らない

です。

治ったと思っても、油断するとけっこう再発するんですよね。

試してきた治療法

ステロイド

ステロイドはよくないと聞きますよね。

でも、治療法の中で一番使っています。

その手っ取り早さから。

これを塗ると次の日にはかさぶたになっていて、1日1~2回、朝やお風呂上りに塗っているとすぐに良くなっていきます。

しかし、ステロイドはある程度続けていないと効果がないように感じます。

何度も再発します。

(再発については、ステロイドのせいではなくて私の管理に甘さだと思います)

といってもステロイドで肌がキレイになったら、その後の保湿ケアなどをしっかりしていれば、治ります。

私はそれでいつの間には肘の裏が治りました。

ただ、以前テレビでステロイドの副作用について聞いたことがありました。

皮膚が薄くなるんですってね。

本当かよく分かりませんが、かなり使い続けている私にとっては嫌な情報でした。

もともと皮膚が弱いからアトピーなのに、皮膚が薄くなったらもっとダメじゃないかと。

1つのペットボトルで1,000円もする水

私が小学生の頃、親が雑誌で見つけた「水」を買ってきました。

なんか“生命の水”みたいな名前だったと思います。

400mくらいで1,000円します。

超高いですよね。

でも雑誌には使用者の感想とともに、アトピーに効果があると書いてあったようです。

で、アトピーの薬(軟こう)を塗る前にその水をポンポンと付けて使っていた時期がありました。

結果は…全く効果なし。

その水はスーパーに売ってあり、店員の人も「効果あります」と言っていたようです。が、個人経営のスーパー。

きっとこれは賄賂でももらっていたのでしょう。

ただの詐欺です。

アトピーが治る水なんてあるわけありません。

人の弱みにつけ込んで商売するところもあるので気を付けましょう。

漢方

漢方も一時期試しました。

めっちゃまずいんですよね。

半年ほど続けましたが、効果なし。

あまりにもまずいので、ポカリスエットに混ぜて飲んでいましたが、そしたらポカリスエット単体でも漢方の味がするような気がして、ポカリ嫌いになりました。

数年経ってやっとポカリ嫌いは治りましたが、漢方摂るなら普段の食事に気を付けたほうがよっぽど効果あると思います。

ファーストフードなど添加物の多い食品を避けるとか、スナック菓子あんまり食べないとか。

蛇の抜け殻入り軟こう

これは漢方の治療法を実践している時に、漢方の先生から勧められました。

たしか台湾から来ている先生が作った軟こうでした。

今思うと「ホントかよ!」って感じでした。

ちょっと色が緑がかっているんですよね。

でも使っている時は「おぉ、効果ある!」とか思っていました。

ただステロイドにはかないません。

(というかコレステロイド入っていたのかも。先生は「入ってない」って言ってたけど)

あと、よく分からないものは副作用が怖いので、使わないことをオススメします。

(後日、「また蛇の抜け殻軟こうほしいです」と言った時は漢方の先生から「今台湾の先生がどこにいるか分からないから入手できない」と言われ、使わなくなりました。なんか怖い…)

軟こうとラップ

副作用もなく、一番効果があるのがコレです。

アトピーの人なら知っている人もいるかもしれませんね。

コレはお医者さんに教えてもらった方法です。

やり方は、

  1. 患部に水など付けて潤わす
  2. その水が渇く前にすぐ軟こうを塗る(すり込まず、軟こうを置く感じで幹部に塗っていきます。もちろん軟こうの白いのは消えないです)
  3. ラップを巻く(乾燥しないために)
  4. ラップが取れないように、その上から網状のバンドなどを巻く

です。

コレは主に寝る前に行います。

やはりアトピーには保湿が一番です。

これは絶対です。

あと、アトピーは簡単には治りません。

必要なのは継続です。

現在(アトピー歴20年)

ということで、現在、まだ治っていないところは、膝の裏です。

治っても冬の乾燥でかゆくなり、思わず掻いてしまうとすぐに悪化します。

また、ストレスでも悪くなります。

掻いてしまうから。

こう考えると治らないのは自分のせいなんですね。

掻かなければ悪化もしないですから。

本気で治したい人は「保湿&掻かない」を継続するのみです。

(意志の弱い私は今後もアトピーとともに生きていくでしょう)

Sponsored Link

フォローする