夫・旦那のいびきがうるさい時の防止・解消方法。原因を知って治し方を探る。

ただでさえ、存在がストレスな夫。

それなのに、夜はいびきが酷かったら、奥さんは休む暇がありません。

そこで、ここではどうしたら夫のいびきを根絶することが出来るのか、対策を考えていきたいと思います。

いびきの原因は舌の筋肉の緩みだから…

「いびき」というのは、寝ている時に舌の筋肉が緩み、のどの方に下がってきて、呼吸の際に振動して音が出る現象です。

また、

  • 疲れが溜まっていたり
  • お酒を飲んでいたり
  • 肥満だったり

このようなことがあると、大きないびきをかく原因となります。

横を向いて寝てもらう

一番てっとり早いのが、旦那に横を向いて寝てもらうことです。

そうすることで、舌の筋肉がのど側に落ち込まないようにします。

痩せてもらう

肥満はいびきを悪化させます。

首や舌に余分な筋肉が付くと、それだけのどの隙間が狭くなってしまい、いびきをかきやすくなります。

すぐに痩せるのは無理ですが、日頃からウォーキングをしてもらうなど、運動をしてもらうようにしましょう。

飲酒を控えてもらう

毎日お酒を飲んでいて、それでいびきがうるさいのなら、少しずつでいいのでお酒の摂取量を減らしてもらいましょう。

少しでもいびきの音が小さくなるかもしれません。

それでもダメなら、いびき対策グッズを使ってもらう

上記のような軽い対策で改善しないようなら、いびき対策グッズを使用してもらうのがいいでしょう。

いびきのせいで睡眠が妨げられると、健康に響いてきます。

「スノアゴン」は首の周りに装着して、アゴが下に下がらないようにします。

そうすることで、のどが塞がることを防ぎます。

完全にいびきがなくならない人もいますが、原因となる「舌の筋肉の落ち込み」を防いでくれるので、少なからず効果は見込めます。

いびきを治したいならコレを使うべし!オススメ対策グッズで騒音を防止しよう!独断ランキング!

【レインウェア】自転車でも顔が濡れないおすすめレインコート一覧

Sponsored Link

フォローする