やらみその意味とは?やらみそ女子を回避する方法。草食女子(女性)も増えているのだろうか?

「やらみそ」という言葉があるんですね。

この意味は、30歳まで異性との経験がない人のことです。(したことのない三十路)

※ちなみに20歳の場合は「やらはた(したことのない二十歳)」

近年は晩婚化と言われていますが、こうしたことも影響しているのではないでしょうか?

そこで、ここではどうやったら「やらみそ女子」を回避できるかについて、対処法を書いていきたいと思います。

どうして「やらみそ女子」は増えるのか?

「別に“やらみそ女子”という言葉が出来ただけで増えてるわけじゃないんじゃないの?」

私は最初そう考えていました。

しかし、厚生労働省の調査によると、30歳女性の3割がまだ経験したことがないとのことです。

どうしてだろうと考えた時に、女性の社会進出が理由の1つなのではないかなと思います。

「管理職にも女性を!」という動きから、仕事にやりがいを感じ、自分の力だけで生きていける強い女性が増えました。

すると、特別好きな人がいない限り、結婚の必要性は薄れていってしまいます。

また、毎日会社勤務だと出会いの機会もおのずと少なくなりますし。

そうして「やらみそ女子」は増えていったのです。

どうして“Bまで”なのか?

女性の社会進出以外にも、「やらみそ女子」が増える理由はあります。

それは、

“交際してそれなりのことはしたことあるけど、「いざCへ!」となった時に拒否反応が出てしまう”

“結局B止まりになってしまう”

というもの。

これは、

  • 自分を大切にしている
  • Cは、結婚するくらいの特別な人としたい
  • 結婚してからでないと考えられない

といった理由があるからです。

Cと結婚を強く結び付けているのかもしれません。

晩婚化とともに、

  • 20代で結婚する人が減った
  • 20代で子作りする人が減った

というのも、「やらみそ女子」が増えた理由の1つと考えられます。

交際経験もないのなら慣れるしかない!○○へ!

もう十分結婚を考えても良いお年頃だと思います。

ですが、まず異性と出会う場がありませんよね。

そこで「婚活」です。

上の○○に入る言葉はこれです。

でも、あまり馴染みのない人にとってはとっつきにくいですよね。

しかしこうした活動は昔からありました。

  • お見合い
  • 合コン
  • 街コン
  • そして婚活

響きは違えど、自分に合った異性と知り合うためのイベントです。

本質に違いはありません。

今となっては婚活という言葉も世に浸透してきているので、使いやすくなってきています。

また、お相手も結婚願望がある方が多いのでとても効率が良いです。

無料の資料請求で、自分の目で品定めすべし!

思っているだけではどうしても先には進めません。

一歩の勇気が必要です。

まずは婚活を主催している会社から無料で資料請求をしてみましょう!

最初は知ることから始めるのです。

絶対にやらみそから脱却する!婚活サイト

時間は有限!後悔のないように。

一度過ぎた時間というのは二度と戻ってきません。

少しでも将来を変えるためには少しの勇気と行動が必要です。

後悔のないように今を一生懸命に生きたいですよね!

Sponsored Link

フォローする