しらける人の特徴や会話の内容について。自分の自慢話や感情的な発言は危険。

誰でもしらけることは何だか嫌ですし、出来る限り避けたい状況です。

しかし、中にはしらけやすい人がいます。

ここでは、どんな人がしらけやすいのか?その特徴などについて書いていきたいと思います。

しらけることについて

しらけるとは、どうして起こるのでしょうか?

それは、「その発言が周りの人間を戸惑わせているから」です。

  • どんな反応をしていいのか分からない
  • ちょっとその発言については賛同できない

このように周りの人間の脳を凍らせるほどの突拍子もない会話が“しらけ”を発生させるのです。

(ただし、突拍子もないことを発言する人のキャラによっては爆笑を引き起こすこともあります)

しらけやすい会話

自分の自慢話

誰もが他人の自慢話を嫌います。

相手が優越感に浸っているのが気に食わないのです。

そのため、自慢話で会話が盛り上がっているとしたら、よほど周りの人間は気を使っているのでしょう。

大抵しらける方向に向かいます。

感情的になって発言すること

あまりに感情的になって発言をすると、場合によっては「みっともない」と思われてしまいます。

そうすると「この人は今止められそうにないや…。どうしよう…」としらけてしまったり、引かれてしまう原因になります。

(感情的な発言をしたとしても、その内容に相手が賛同してくれている時は、盛り上がることもあります)

連続のギャグ

たまにする気の利いたギャグであれば、雰囲気を和ませる効果があります。

しかし、調子に乗って何度も意味の分からないギャグを連発していると、あっという間にしらけてしまいます。

「相手にするだけ無駄だな」

と思われてしまえば、今後普通に発言したとしても聞いてくれなくなります。

場をわきまえない発言

これは確実にしらけるでしょう。

特に下ネタは要注意です。

「ここでそんなこと言うか?」

「ちょっとそれはダメじゃない?」

と思われてしまえば、しらける以上に人間の人格を疑われてしまうこともあります。

最低限は場の空気を読み取りながら発言するようにしましょう。

一度しらけ癖がついてしまうと、なかなか直せないものです。

周りに受け入れてもらうにはある程度の時間がかかります。

上記のことに気を付けて、会話上手を目指しましょう。

Sponsored Link

フォローする