ドラマ「ウロボロス」の副音声「ウラバラス」で「ナマセファン」連呼。面白い小栗旬&生田斗真&ムロツヨシのトリオ。

人気ドラマの「ウロボロス」の副音声「ウラバラス」が最近話題となっています。

私はウロボロスを録画して、あとで「ウラバラス」を再生していますが、その面白さはかなりのものとなっています。

もしドラマを最初から見ていなくとも、「ウラバラス」だけ見るという方法も良いと思います。

ここではその面白さを書いていきたいと思います。

名物は「ナマセファン」

ドラマを見ていると時折流れる挿入歌があります。

この挿入歌、よく聞くと出だしが「ナマスゥェ~ファ~~~ン」と聞こえます。

ここが印象的ということもあり、副音声を担当している小栗旬&生田斗真&ムロツヨシが逐一「ナマセファン」という言葉を連呼しています。

たとえ挿入歌が流れていない場面でも流れそうな場面であれば口ずさむのです。

そして副音声を聞いているこちらまで口ずさんでしまうという現象が起きます。

ツイッターに「ナマセファン」が横行しているのはそのためです。

自分の演技に酔いしれる小栗

小栗旬さんは、自分のいい演技の場面が近づいてくると、「ちょっと静かにして!」と突然言い出します。

そして周りから「自分の演技の時だけなんだよw」と突っ込まれるのです。

こうした自由奔放な掛け合いも見どころです。

先走る裏バラシ

副音声中、たまにドラマの後のほうの流れをプチ暴露してしまうことがあります。

それだけ副音声の環境は自由なのです。

会話内容は何でもアリなので、まるで面白いラジオを聞いているようです。

是非、ラジオで番組を持ってほしいです。

全くドラマの内容が入ってこないほどの面白さ、副音声。

この新たな取り組みが話題を呼び、ウロボロスの注目度はさらに上昇しています。

こんなに面白いときっと最終回が終わった時には「ウラバラスロス」が発生するでしょう。

とっても楽しい「ウラバラス」に今後も期待します。

ナマセファン

Sponsored Link

フォローする