【BNPパリバオープン2015の3回戦(ATPツアー)】速報実況!錦織圭vsフェルナンド・ベルダスコの勝敗結果やスコア(得点)。

本日午前4:00~から、BNPパリバオープン2015の3回戦「錦織圭vsフェルナンド・ベルダスコ」の試合が行われます。

相手はかなり手ごわい選手ですが、是非錦織らしいプレーで勝ってほしいと思います。

ここではリアルタイム(速報)で実況していきます。

錦織選手が勝利しました!

スコア

  • 第1セット:錦織6-7ベルダスコ

(タイブレークは錦6-8ベ)

  • 第2セット:錦織6-1ベルダスコ
  • 第3セット:錦織6-4ベルダスコ

この試合は、錦織2-1ベルダスコで錦織が逆転勝利を果たしました。

第1セット

第1ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコのサーブは最初ワイドへのスピン系、次にセンターへのフラット系とうまく使い分けてきています。

そしてセンターへのサーブはエース。

このゲームは簡単にベルダスコがキープしました。

錦0-1ベ

第2ゲーム:錦織サーブ

いきなり最初のポイントがサービスエース!

次のポイントでも相手の甘くなったボールを叩き込んでウィナー。

サーブが高い打点で打てているので良い感じです。

安定してゲームをキープしました。

錦1-1ベ

第3ゲーム:ベルダスコサーブ

相手がセカンドサーブになると錦織はかなり前のほうでレシーブをします。

それだけ攻める気持ちがあるということでしょう。

タイミングの早いショットでベルダスコを追い込みます。

ベルダスコはというと、スピン系の跳ね上がるショットを多用し、錦織に打ちにくくしています。

このゲームでは錦織選手らしいラリーが見れましたが、ベルダスコキープ。

錦1-2ベ

第4ゲーム:錦織サーブ

このゲームはラリー戦が目立ちます。

錦織はベルダスコを左右に振り、ベルダスコはボールに回転をかけて対応。

ベルダスコは強烈なショットを打つものの、錦織選手はフットワークがとてもよく、かなり拾っています。

ラリーは錦織優勢で進み、このゲームをキープ。

錦2-2ベ

第5ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコが隙を見せませんでした。

強烈なサーブが決まり、錦織の甘くなったボールを端にぶち込みました。

錦織はさすがにそれは取れず、あっさりラブゲームでキープされてしまいました。

錦2-3ベ

第6ゲーム:錦織サーブ

ラリー主体となった第6ゲーム。

それらはすべて錦織が有利に進めました。

左右に揺さぶり、錦織らしくポイントを重ねていきます。

ラブゲームで楽にキープしました。

錦3-3ベ

第7ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコはだんだん錦織の粘りに焦ってきています。

ベルダスコはギアを上げ、打ち込めるところに関してはとにかく決めにいきます。

錦織はそうしたショットに苦しめられ、惜しくもこのゲームは取れませんでした。

試合を観るとベルダスコのスピンショットが高い軌道でクロスに入るため、錦織はかなり走らされていました。

錦3-4ベ

第8ゲーム:錦織サーブ

最初のポイントはベルダスコ。

回り込んでからの逆クロス爆裂ショットがウィナーになりました。

ですがそこから錦織はラリー戦を制し、なんとかキープに成功。

少しファーストサーブの入りが悪くなったところが気になります。

錦4-4ベ

第9ゲーム:ベルダスコサーブ

勝負のリターンゲーム。

錦織は積極的に攻めていますが、それらがミスになってしまいました。

ベルダスコキープ。

錦4-5ベ

第10ゲーム:錦織サーブ

このゲームの主役は錦織のサーブでした。

ここまでファーストの入りが下がっていた錦織でしたが、最後の2本はとてもよいサーブが入り、ベルダスコ返せず。

錦織キープ。

錦5-5ベ

第11ゲーム:ベルダスコサーブ

このゲームではベルダスコのプレーが光ります。

回転をかけた強烈アングルショットで、錦織がコートの後ろのほうでかなり走らされていました。

こんな光景はなかなか見ません。

ベルダスコは錦織を十分コートの端に追いやって、オープンスペースに確実にショットを決めていました。

ベルダスコキープ。

錦5-6ベ

第12ゲーム:錦織サーブ

ハラハラした戦いが続きます。

錦織は決めのショットをアウトしたり決めたり。

なんとか錦織がキープしました。

錦6-6ベ

タイブレーク

最初にミニブレークを許したのは錦織でした。

ラリーによるショットが惜しくもアウト。

また、ベルダスコはサーブの球種・コースを散らし、錦織を迷わせます。

しかしその後、錦織の粘りが炸裂!

ベルダスコのショットをカウンターで打ち返し、相手をかなり苦しめます。

ですが、最後はベルダスコのものすごい回転をかけたショットがクロスにウィナー…

なんとこのセット、錦織が落としてしまいました。

(タイブレークは錦6-8ベ)

第1セットは、錦織6-7ベルダスコ

第2セット

第1ゲーム:錦織サーブ

錦織のファーストサーブの入りがよくありません。

ベルダスコはものすごく回転をかけたショットを山なりにクロスに打つので、一瞬アウトに見えます。

しかしそれが入るのです。

錦織は動けず、ウィナーに…

その後、錦織は今日初めてのドロップショットでベルダスコを揺さぶり、なんとかポイント。

このゲームを危なげにキープしました。

錦1-0ベ

第2ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコは攻め急ぎ、自分からのミスが多かったです。

入っていればポイントとなるようなショットでしたが、これまでにないようなアウトを連発したのです。

この試合、始めてのブレーク。

錦2-0ベ

第3ゲーム:錦織サーブ

危ないゲームでした。

何度もデュースを迎え、なんとか錦織が攻め勝ち、キープに成功。

ベルダスコは少し疲れている様子です。

錦3-0ベ

第4ゲーム:ベルダスコサーブ

錦織が勝負に出ています。

リターンではかなりダイナミックな打ち方でクロスに叩き込み、ベルダスコは打ち返すことが出来ません。

また、ラリー戦ではジャンピングバックハンドも決め、とても躍動感のあるゲームでした。

なんとこのゲームもブレークに成功します!

錦4-0ベ

第5ゲーム:錦織サーブ

錦織の流れです!

ベルダスコは回転が甘くなってきているのかアウトするミスショットが増えています。

このゲームでは逆に錦織がスピンのかかった強烈ショットをクロスに打ち込みます。

しっかりキープ!

錦5-0ベ

第6ゲーム:ベルダスコサーブ

このゲームは錦織のミスなどもあり簡単にラブゲームキープされてしまいました。

錦5-1ベ

第7ゲーム:錦織サーブ

もうベルダスコは第3セットのことを考えているのか、無理してプレーをしてきません。

錦織のサーブが良いこともあり、なんなくラブゲームでキープ。

第2セットは、錦織6-1ベルダスコと圧倒的な差で錦織がモノにします。

第3セット

第1ゲーム:ベルダスコサーブ

最近は多くの選手が錦織対策としてボディへのサーブを多用していますが、錦織はこうしたサーブに体勢を崩しながらも対応しています。

ベルダスコは疲れてきているのか、ボールを取り切れません。

さらに勝負どころでネット。

ベルダスコ攻めるも錦織の切り替えしカウンターショットがウィナー。

完全に錦織の独壇場です。

ベルダスコ意気消沈で自分のサービスゲームを落とします。

錦1-0ベ

第2ゲーム:錦織サーブ

バックハンドのエア圭炸裂

錦織のサーブ&リターン炸裂。

ただここで油断をしたか2ポイント返されてしまいます。

が、その後のラリー戦は錦織が制し、キープします。

錦2-0ベ

第3ゲーム:ベルダスコサーブ

ここに来てベルダスコが積極的な攻めを見せます。

最初の頃の勢いはないまでも、少し息を吹き返した感じがありました。

ベルダスコがキープ。

錦2-1ベ

第4ゲーム:錦織サーブ

ラリー戦は錦織優勢。

かなりコートの中に入って打ち込んでいます。

錦織キープ。

錦3-1ベ

第5ゲーム:ベルダスコサーブ

いきなり錦織がリターンエースを決めます。

しかしその後はベルダスコのサーブがワイドに決まりエースに。

その後も力強いサーブが決まり、簡単にベルダスコキープ。

錦3-2ベ

第6ゲーム:錦織サーブ

このゲームは錦織のサーブが好調でした。

簡単にラブゲームキープしました。

錦4-2ベ

第7ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコのサーブは良いですが、錦織も負けてはいません。

角度のあるバックハンドをクロスに決めます。

しかしデュースになってからのベルダスコは強かったです。

最高なワイドへのサーブで錦織の体勢を崩し、ウィナーをもぎ取ります。

ベルダスコキープ。

錦4-3ベ

第8ゲーム:錦織サーブ

このゲームはラリー戦となりましたが、錦織が有利に進めました。

特に相手の逆を突くショットが目立ち、ベルダスコを翻弄。

ウィナーなども決め、錦織がキープしました。

錦5-3ベ

第9ゲーム:ベルダスコサーブ

ベルダスコは意地を見せます。

このゲームのラリーはベルダスコ主体。

錦織を端に追いやってからのストレートショットが決まり、錦織は苦しめられます。

ベルダスコキープ。

錦5-4ベ

第10ゲーム:錦織サーブ

勝負のゲーム。

これを取れば勝利です。

最初のポイントはベルダスコの攻撃的ショットで取られます。

次のポイントは錦織が取りましたが、その後のサーブを2連続でダブルフォルトしてしまいます。

15-40とブレークのピンチ…

この後は、

  • 錦織のストレートへのウィナー
  • ボディへのサーブ

が決まってデュースに。

緊張感あふれる~~~~~!!!

ここから錦織はギアを上げました。

ラリーになると自分から攻め始め、ベルダスコのボールが甘くなった瞬間にウィナー!!!

こうしたプレーが2連続で決まり、錦織選手が見事勝利しました!!!

第3セットは錦織6-4ベルダスコでした。

試合データ

Match Time:2h 15m

フェルナンド・ベルダスコ-錦織圭

6 -Aces- 4

2 -Double Faults- 5

72 -1st Serve IN %- 55

64 -1st Serve PTS WON %- 76

64 -2st Serve PTS WON %- 62

26 -Winners- 28

41 -Unforced Errors- 35

5/8 -Net Points Won- 5/6

0/3 -Break Points Won- 3/6

108MPH -AVG. 1st SERVE SPEED- 111MPH

95MPH -AVG. 2st SERVE SPEED- 90MPH

まとめ

とってもエキサイティングな試合でした。

ベルダスコはスピンショットを巧みに使い、錦織を走らせて苦しめました。

しかし錦織選手は集中力を切らさず粘り切りました。

最終的にはベルダスコの体力は消耗していき、いつの間には流れは錦織サイドに!

見事な逆転勝利でした。

次は4回戦です!

次回も応援しましょう!

Sponsored Link

フォローする