錦織圭「BNPパリバオープン」4回戦速報実況!vsフェリシアーノ・ロペスの勝敗結果やスコア(得点)について。

今日午前3:00~4:50で、BNPパリバオープン2015の4回戦「錦織圭vsフェリシアーノ・ロペス」の試合が行われます。

ネットプレーを多く取り入れてくることが予想され、見応えのある試合になることでしょう。

ここではリアルタイム(速報)で実況していきます。

残念ながら錦織選手は負けてしまいました。

錦織圭の敗因。「BNPパリバオープン2015」なぜ4回戦でフェリシアーノ・ロペスに負けてしまったか、理由を考察。

スコア

  • 第1セット:錦織4-6ロペス
  • 第2セット:錦織6-7ロペス

(タイブレークは錦2-7ロ)

錦織0-2ロペスで、ストレート負けをしてしまいました。

第1セット

第1ゲーム:ロペスサーブ

錦織はリターンエースを決めたり、ラリーもロペスのバック側を狙うことで相手のミスを誘い、有利に試合を進めていきます。

しかしロペスのサーブも強力で、最後はロペスがキープに成功しました。

非常に惜しかったです。

錦0-1ロ

第2ゲーム:錦織サーブ

ラリー戦になるとロペスはバックハンドのスライスを多用するため、長いラリーとなりますが、錦織は落ち着いて攻めていっています。

チャンスボールを見つけると自分から攻めており、ウィナーもありました。

このゲームは錦織キープ。

錦1-1ロ

第3ゲーム:ロペスサーブ

サーブからの組み立てが鋭いです。

本日3度目のサービスエースを決め、このゲームをキープ。

まだサーブ&ボレーは出ていないので、今後に注意です。

錦1-2ロ

第4ゲーム:錦織サーブ

このゲームは錦織のサーブが光りました。

サービスエースを何度も決め、40-15と簡単にキープしました。

錦2-2ロ

第5ゲーム:ロペスサーブ

ラリー戦になると錦織選手に分があります。

しかし、ロペスのワイドへのサーブが強烈で、時折錦織は動けないほど。

途中錦織のリターンもよく、デュースに持ち込んだのですが、その後のセンターへのサーブがエース。

キープされてしまいました。

いかにロペスのサービスゲームをブレーク出来るかに懸っています。

錦2-3ロ

第6ゲーム:錦織サーブ

最初のポイントでロペスが前に出てきてネットプレーを見せました。

見事なボレーを決められてしまいます。

また、錦織にアウトのショットミスが重なりデュースに。

が、そこからは堅実なラリーとサービスエースによって、無事、錦織選手がキープに成功します。

錦3-3ロ

第7ゲーム:ロペスサーブ

序盤はロペスのサーブで崩されてしまいますが、ラリー戦になると錦織選手の有利な展開に。

デュースとなります。

しかし、ここからロペスはギアを上げ、エース級サーブで錦織を崩し、なんとかキープしてきました。

錦3-4ロ

第8ゲーム:錦織サーブ

錦織のサーブが今のところ好調です。

ロペスのリターンが浅くなった時にはしっかりと攻めています。

錦織の流れでキープしました。

錦4-4ロ

第9ゲーム:ロペスサーブ

錦織は自分から攻める姿勢を見せていますが、ロペスのネットプレーにお手上げ状態。

ボレーのドロップショットが絶妙で追いつけません。

また、サービスエースもあり、このゲームはラブゲームでキープされてしまいました。

錦4-5ロ

第10ゲーム:錦織サーブ

錦織選手が打つクロスのショットが惜しくもアウトに。

これが連続で続き、なんとロペスにこのゲームをブレークされてしまいました。

錦4-6

第2セット

第1ゲーム:ロペスサーブ

まだロペスのサービスゲームをブレーク出来ていないのが心配です。

錦織はなんとか流れを変えようと1ポイント目からネットに出ます。

またドロップショットを決めるなど、変化を出してきました。

しかし、最後は爆裂サーブにねじ伏せられてしまいました。

錦0-1ロ

第2ゲーム:錦織サーブ

このゲームの後半はファーストサーブがあまり入りませんでしたが、バックハンドクロスのウィナーを決めるなど、ラリーで攻めます。

このゲームは錦織がキープ。

錦1-1ロ

第3ゲーム:ロペスサーブ

ロペスは第1セットを取ってリラックスしているからなのか、キレイなサービスエースを決めてきます。

また、錦織をコート際に走らせてからのボレーが炸裂!

ロペスはあまり体力を消耗せずにゲームをキープしてきます。

いつものような錦織のスーパーゾーンはあまり感じられません。

錦1-2ロ

第4ゲーム:錦織サーブ

ロペスはラリー戦になった時に、かなりゆったりとしたテンポで展開してきます。

特に錦織はロペスのふんわりとしたスライスに適応出来ておらず、苦しめられています。

なんとここにきてブレークされてしまいました。

ピンチです。

錦1-3ロ

第5ゲーム:ロペスサーブ

ロペスは相変わらずサービスエースが多いです。

錦織まったく動けず。

ラブゲームと簡単にキープされてしまいました。

突破口が開けません。

錦1-4ロ

第6ゲーム:錦織サーブ

1ポイント目からサーブ&ボレーを決めました。

ラリー戦で思い通りにポイントが取れていないので、ネットプレーを混ぜているということですね。

セカンドサーブ時もネットプレーに出ています。

しかしロペスのリターンがうまかったり、大事なラリーで大きくアウトしたり、危なげです。

この後、なんとかチャンスボールを叩き込んで決め、このゲームをキープします。

錦2-4ロ

第7ゲーム:ロペスサーブ

錦織がラリー戦に持ち込んだ瞬間に先に攻めています。

一気に40-0と優勢に。

しかし、ロペスはここぞという時に良いサーブを入れてきます。

なんとデュースに…

が、意外にもロペスがダブルフォルト、その後の錦織のパッシングショットをロペスがネット。

やりました!

初めてのブレークに成功です!

錦3-4ロ

第8ゲーム:錦織サーブ

絶対落とせない錦織のサービスゲーム。

ラリーを制し、続いてボディへのサーブ&センターへのサービスエースでポイント。

簡単にこのゲームをキープしました!

錦4-4ロ

第9ゲーム:ロペスサーブ

ロペスの強烈なサーブが4本続きます。

錦織は対応出来ていません。

瞬く間にキープされてしまいました。

錦4-5ロ

第10ゲーム:錦織サーブ

ハラハラな展開。

錦織にはもう後がありません。

このゲームはロペスが全く錦織のサーブをコートに収めることが出来ませんでした。

ロペス自滅で錦織キープ。

錦5-5ロ

第11ゲーム:ロペスサーブ

やはりロペスのサーブです。

かなり強いです。

楽にロペスがキープ。

錦5-6ロ

第12ゲーム:錦織サーブ

互角の戦いです。

しかしここに来てロペスのバックハンドのスライスがアウト連発。

今までなかったミスです。

途中、ロペスのカウンターリターンエースなどありましたが、キープできました。

錦6-6ロ

タイブレーク

最初にミニブレークされた錦織。

ダブルフォルトでした。

逆に錦織もミニブレークし返しますが、重要な部分で大きくアウト。

2-5と劣勢に。

そこでロペスのサーブの番が来て、強烈サーブに押されて…

2-7と負けてしまいました。

錦6-7

まとめ

今回負けた原因としては、ただロペスのサーブが強いだけではなく、ロペスが打ち返してくるボールの質も関係していたと思います。

ロペスは、バックハンドがスライス、フォアハンドは山なりのループボール。

時間をつくるショットが多かったため、錦織はテンポよく攻め込むことが出来ませんでした。

非常に残念でしたが、次の大会に期待したいと思います。

錦織選手!お疲れ様でした!

錦織圭の敗因。「BNPパリバオープン2015」なぜ4回戦でフェリシアーノ・ロペスに負けてしまったか、理由を考察。

Sponsored Link

フォローする