なぜテニスの得点(点数・スコア・ポイント)の数え方は15・30・40なのか?きっかけや理由について。

私が初めてテニスをしたのは高校の時。

部活に入ったのがきっかけでした。

そこでまず、あることに疑問に思ったんですよね。

得点の呼び方についてです。

そこで、ここではどうしてテニスの得点の数え方が15・30・40なのかについて書いていきたいと思います。

テニスが全然上達しない人のためのサイト

はじまりは時計から

過去にテニスをしていた人が点数を数える時に、時計を使ったという説があります。

15分、30分、45分、0分がちょうどキリが良かったのですね。

普通に考えれば15の次に30だなんておかしいように思えますが、時計と言われれば納得できます。

しかし、読み上げる時に問題が発生しました。

45が言いづらい…

言いづらい…45から40へ

0は「ラヴ」

15は「フィフティーン」

30は「サーティ」

45は「フォーティファイブ」

45だけは発音すると長く、当時の人は言いづらかったので40(フォーティ)になったという説が有力です。

45が言いづらいのは分かります。

しかし、得点を数える時に時計を使うという発想をよくしたなと感心します。

説には“時計を使った”以外にも、“コインを使った”などいくつかありますが、本当のところはハッキリ分かっていません。

実際に見て評価!私がおすすめするテニスDVD教材はコレだ!

テニスが全然上達しない人のためのサイト

Sponsored Link

フォローする