大学ではサークルに入らないと彼女は出来ないのか?

「大学に入ったら彼女とかほしいな」

って思っている男子は多いと思います。

かといって、皆が皆サークルに入ろうと思っているかというと、そうでもありません。

しかし…、サークルに入らずして彼女は出来るのだろうか…?

ここでは、サークルと彼女が出来る可能性について考えていこうと思います。

大学で彼女が出来る場面とは?

大学生活中に彼女が出来る場面はどんなものでしょうか?

考えてみましょう。

サークル

まず最初に思い浮かぶのが「サークル」です。

スポーツなど楽しみながら行うサークルであれば、自然と女子と仲良くなれる可能性が高まるでしょう。

ただ、彼女を作る目的が少しでもあるのなら、男女混合で行われるサークルに入らなければ意味がありません。

男女比などを考慮しながらサークルを選びましょう。

アルバイト

よくあるのがアルバイトを通じて交際に発展するパターンです。

バイトをしていれば、大抵一年後には新しいアルバイトの人が入ってきます。

仕事を教えたりと、頼れる姿を見せることで親密度がアップすることがあります。

同じ学科

理系の学科であれば、共同で実験をする時などに異性とコミュニケーションを取ることがあるでしょう。

そういった機会があれば交際につながるかもしれません。

合コン・街コン

誰か友人に合コンをセッティングしてもらったり、参加費を払って街コンをすることで、彼女を作る方法があります。

自分から積極的に参加していかなければなりませんが、このようなイベントに参加するということは、相手も彼氏候補を探しているということなので、交際に発展する可能性は十分にあります。

ナンパ

出来る人なら良いですが、普通の凡人レベルの人からするとハードルが高すぎます。

サークルに入らないと彼女は作れないのか?

彼女が作れる場面はいろいろとありますが、やはり長時間・濃密なコミュニケーションが取れるのは「サークル」か「アルバイト」でしょう。

その他は、費用がかかったり、ハードルが高かったり、十分な時間がなかったり、です。

ただ、「サークル」と「アルバイト」を比較した時に、「サークル」のほうが圧倒的に彼女が作りやすいと思います。

その理由は、「サークル」には、

  • 毎週の活動
  • 春・夏合宿
  • 飲み会
  • クリスマスパーティ
  • お花見
  • 新入生歓迎会

などのイベントが盛りだくさんだからです。

チャンスがたくさん用意されているということです。

アルバイトで彼女を作っている人はたくさんいるので、別にサークルに入らなくとも彼女は作れますが、サークルに入らない分確率は下がります。

機会損失をしているからです。

彼女がほしいなら、サークルとアルバイトをやれば良いと思います。

Sponsored Link

フォローする