授業中や会議中にお腹が鳴ったら…恥ずかしい!空腹を抑える(紛らわす)方法4つ。

誰もが経験したことのあるシーンとした場でのお腹の音。

人のを聞く分にはいいのですが、いざ自分のお腹が鳴ってしまうと恥ずかしい。

そこで、ここでは空腹の対処法について書いていきたいと思います。

カロリーオフの炭酸水を飲む

空腹は抑えたいけど、カロリーを摂るのは嫌…

そんな人は糖分の入っていない炭酸水を飲んでみましょう。

胃が膨らんで空腹感が和らぐでしょう。

水を飲む

胃に何も入っていない状態を手っ取り早く解消するために、とにかく水を飲んでしまいましょう。

胃に少しでも満足感を与えて、“空腹じゃないんだ”と勘違いさせるのです。

甘いジュースをがぶ飲みする

空腹の理由を知っていますか?

血液中の糖分が減ってきているから空腹を感じるのです。

そのためジュースを飲めば血糖値が上がり、空腹が紛れるはずです。

飴やガムでしのぐ

飴をゆっくり舐めて血糖値を上げましょう。

また、人はよく噛むことで満腹中枢に刺激を与えることが出来ます。

ガムを噛んで満腹感を体に与えるようにしてみましょう。

番外編

しっかり食べてこなかった自分を悔やむ

「お腹が鳴ったら恥ずかしいと知っているのに、どうしてしっかり食事を摂ってこなかったのだろう…」

まず自分を悔やんでください。

そうすることにより、次回からしっかり食事を摂るようになり、こうした赤っ恥をかくことはなくなります。

いかに悔やむかで今後の改善度が変わってきます。

どれだけ大きい音を出せるか挑戦する

空腹なのは仕方ありません。

別に悪いことではないんですよ。

もういっそのこと割り切って、どれだけ広範囲にお腹の音を響かせることが出来るかチャレンジしてみましょう。

周りからの反応(あとで「お腹なったでしょ?」と言われたり、不自然に周りがシラケたり)が大きければ大きいほど成功です。

集中してデカい音を奏でてやりましょう。

ずっと満腹な状態より空腹の時があったほうが人は長生きするらしい

以前テレビでこんなことを言っている人がいました。

「毎回の食事で満腹になるまで食べないほうがいい。腹8分目くらいのほうが人は長生きする」

ある程度、空腹を感じるくらいのほうが生き物は生命力が上がるようです。

空腹で辛い時に遭遇したら、「これで一段と長生き出来るぞ!」と喜びましょう。

Sponsored Link

フォローする