ゴールデンウィーク(GW)の家族の過ごし方。子供を喜ばせるならプチ旅行。

ゴールデンウィークが近づいてきました。

これは一年の中でも大きなイベントです。

多くの人たちがこの長期休暇を利用して、実家に帰省したり旅行をしたりします。

では、子供のいるご家庭は、どんなゴールデンウィークを過ごせば子供が喜んでくれるでしょうか?

考えてみましょう。

ちょっと遠くへプチ旅行

自然を体感

せっかくのゴールデンウィークなんですから、普段は出来ないようなことをして家族サービスです。

家から出て、自然を体感しに行ってみてはいかがでしょうか?

登山

日本にはたくさんの山がありますね。

どこか近くの山を見つけて子供と一緒に登れば自然とコミュニケーションを取ることも出来ますし、運動にもつながります。

なにより普段なら味わえないような冒険心がくすぐられます。

新鮮な体験となり、良い思い出となるでしょう。

ピクニック

公園でいいので、どこか国営の大きな公園へ行ってみましょう。

広い草原の中で手作りのお弁当を食べたり、バドミントンなどスポーツをすれば清々しい気持ちになります。

良かったらアウトドアで子供と楽しめるお遊びグッズを見てください。

きっと楽しいですね!

鳥取砂丘

鳥取砂丘なんてどうでしょうか?

日本にあるものすごく大きな砂漠。

砂漠の山の上からは広い日本海を見ることも出来ます。

夏になる前であれば砂漠は熱くならないはずなので、ゴールデンウィーク辺りの時期はおすすめです。

生き物を体感

生き物に触れ合うなら、動物園や水族館に行くのが良いでしょう。

それも地元のものではなくて、離れた県の水族館に行くのです。

1泊でも泊まりながら訪れれば立派な旅行です。

子供も楽しいと感じてくれると思います。

文化を体感

子供はあまり興味を持たないかもしれませんが、日本文化を体感してみてはどうです?

埼玉の川越小江戸や、京都、北陸新幹線に乗ってひがし茶屋街を訪れてもいいと思います。

見慣れない建物を目にしただけで違う世界に来たような気分となり、きっとワクワクします。

旅行の際には子供と触れ合う

もしどこか1泊でも旅行しようと思ったら、子供と遊ぶ時間を設けましょう。

例えば、旅館にて。

どこか旅館に泊まるとテレビを見て過ごしてしまいがちですが、それじゃあせっかくの子供との時間がもったいないです。

こうした時に大活躍するのがトランプ。

ババ抜きはもちろん、7並べや大富豪をすることで簡単に盛り上がることが出来ます。

そして真剣に子供と競うことが出来ます。

これは、普段なかなか出来ないことの1つです。

お菓子を食べながらでもいいと思うので、子供との時間を楽しみましょう。

時間がたっぷり取れるゴールデンウィークは、家族の絆を強くするいい機会です。

親がどんどん楽しんで、子供を楽しい空間に巻き込みましょう。

Sponsored Link

フォローする