元気になる方法。元気を出す方法。

自分を元気にする方法をあなたは持っていますか?

やはり人間というのは考えながら、悩みながら生きていくもの。

時にテンションが下がって「なんだか辛いな。だるいな」と感じることもあるでしょう。

私もあります。

人間関係などで嫌なことがあれば落ち込みますし、なんでもないのにやる気が出なかったり。

そこで、ここでは私なりの「元気になる方法。元気を出す方法」を書いていきたいと思います。

まずは一歩立ち止まり、どうして元気がないのか考えてみる

「なんかやる気が起きない…」

「今自分元気ないな…」

そう思っているのならば、どうしてか原因を考えてみましょう。

  • 仕事で怒られてしまった
  • 思い通りにいかないことがあった
  • 友達とギクシャクしてる
  • やることが多すぎて憂鬱
  • なんか分からないけど動きたくない。ドテーっとしてしまう

元気になろうとする前に、自分の中のモヤモヤを見つめて明確にするだけでも、気持ちが楽になることがあります。

なぜなら問題・原因が分かると「解決、解消できるかも」と少しでも思えるからです。

姿のないもの、何か分からないものに立ち向かうのは勇気がいりますし、不安になってしまいます。

まずは自分を見つめ直してみましょう。

現実逃避。今したいことをしてみる

今のこの現状をどうにかしたい・変えたいと思っている場合は、ひとまず距離を置いてみましょう。

悩んでもなかなか解決できなければ体力を消耗するだけです。

まずは今、自分がしたいことを探してみて。

  • 思いっきり床に寝っ転がる
  • ぐうたら漫画を読む
  • 無心で音楽を聴く
  • 好きな映画を観る
  • ウィンドウショッピングをする
  • ネットサーフィン

好きなことをすることで心が回復し、悩んでいたことを改めて客観的に見ることが出来るようになると思います。

行き詰っている時は、リフレッシュをして気分を変えることは大切です。

いい意味での現実逃避をしてみましょう。

外に出る!体を動かす!

家にばかりいると気持ちが滅入ってしまいます。

人は刺激がなければ、生きることに充実感を感じません。

思い出してください。

今より小さい頃は、新しく学ぶことが多く刺激的で、時間が過ぎるのが遅かった。

今は…特に真新しいことはなく、1日、いや、1年過ぎるのが早く感じる…

人は新しいこと・刺激的なことに触れることで活力を見出します。

家にいるより、変化のある外のほうが自分に刺激を与えることが出来ます。

散歩でも、ジョギングでも、自転車でもいいです。

今の自分に刺激を与えてみれば、スイッチが入るかもしれませんよ。

次の休日に何をするか計画を立ててみる

あなたは将来何をしたいですか?

休日に予定は入っていますか?

もし、まだ考えていないのならもったいない。

人生は有限。

新しい自分を発見するためにも、将来に計画を立て、実行してみましょう。

予定や目標があれば、それを理由に今を頑張ることが出来ます。

楽しいことや希望があったほうが、人はそれに向かって行動します。

「次の休日は○○をする(に行く)」

「○ヶ月後には○○できるように、今を頑張る!」

将来を楽しみに、希望を持って生きれば自然とやる気が出てきます。

Sponsored Link

フォローする