ドラマ「アルジャーノンに花束を」第4話の感想。咲人に愛と嫉妬と恥ずかしさの感情が現れた。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」第3話の感想

「アルジャーノンに花束を」は本日で第4話を迎えました。

ついに咲人の手術が終わり、これからどんどん話に変化が出てくると思われます。

では、感想について書いていこうと思います。

研究者は「咲人」を材料として見ている残酷さ

最初、咲人の手術が終わってしばらくは効果が現れてきませんでした。

そのことについて研究者たちは「あの材料はダメなんじゃないか」といった発言を。

ほとんどの研究者は咲人のためではなく、研究の成功のために動いているのです。

こうした部分には、人間の欲望の残酷さを感じました。

小出舞は河口梨央の見張りをしていた

これは意外なことでした。

なんと小出舞(大政絢)は梨央の父に頼まれ、ずっと梨央の監視をしていたのです。

そして舞は、本当の梨央の監視目的を知ります。

“梨央の病気”

これは舞にとって衝撃的だったでしょう。

そして見ているほうとしては梨央が可愛そうで、非常に切なくなります。

咲人の成長

愛に気付く

咲人に手術の効果が少しずつ現れてきました。

最初は、遥香への愛の気持ち。

これまで人を愛することのなかった咲人にとっては、混乱をきたす感情です。

また、博士は遥香の愛を利用しており、遥香はそれを知ってもなお博士を好きでいることにさらに混乱。

今まで考えたこともない複雑な感情を受け入れられません。

咲人はお利口になったことで、こうした不可解な感情があることを知ったのです。

性への目覚めと恥ずかしさ

これまで咲人はナンパのルアーとして利用されてきました。

しかし、今回のナンパで自分が利用されていたことに勘づきます。

そして女性に対して「恥ずかしい」という感情も出てきていました。

また、同じ職場の従業員たちも、咲人の変化に少し違和感を抱いていました。

特に柳川隆一(窪田正孝)が。

咲人の運動能力の向上

脳が発達してきたことで、学習能力が付き、それと同時に運動能力も向上してきました。

ドラマ最後の野球をする場面では、ピッチャーの投げるボールの軌道を学習した咲人はなんとホームランを打ちます。

なんだか最後のほうはものすごいペースで咲人が成長していたように見えました。

次回はさらに成長する模様

ドラマの次回予告を見ると、しゃべりも普通でかなり成長しているように見えました。

また、世界で一番好きな女性“遥香”に独占欲が生まれていました。

これから咲人のIQは極限に高まり、お利口どころではなくなることでしょう。

そして純粋無垢な咲人は、人間の汚い部分も知っていくこととなります。

いったいその時、咲人は何を考えるのか?

周りの人間はどんな反応をするのか?

このドラマは何を伝えようとしているのか?

とても考えさせられる「アルジャーノンに花束を」。

第5話も楽しみにしましょう。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」第5話の感想

Sponsored Link

フォローする