ゴールデンウィークが終わるとどうして悲しい&寂しいのだろう?対処法を考える。

“始まりのあるものには必ず終わりがある”

今年のゴールデンウィークも終わってしまいました。

この前は「やったー!ゴールデンウィークが始まった!楽しむぞ!」なんて考えていたのですが、こうして見ると本当あっという間でした。

正直、寂しいですよね…

ここではそんな私の寂しい気持ちと、その対処法について考えていきたいと思います。

私の寂しい気持ち

終わることには虚しさがある

何でもそうですが、“終わり”には虚しさが込められていると思うので寂しく感じてしまいます。

特に楽しいことが終わるのは非常に悲しいです。

  • 旅行が終わる
  • 長期休暇が終わる
  • 卒業する
  • 好きだったドラマが終わる
  • 恋人と別れる

このようなことがあると、一時的ですが心にポッカリと穴があくことがあるのです。

夢から覚め、現実を突き付けられる感じがある

ゴールデンウィークのような休暇の間は、学校や仕事から開放され、自由に好きなことが出来ます。

しかし、学校や会社に戻ると義務感や責任感、人間関係などが待っており、時折ストレスやプレッシャーに悩まされることもあります。

“現実”が待っているのです。

GWという自由がなくなることが、寂しいと感じてしまう原因かもしれません。

人との別れが寂しい原因かもしれない

中にはゴールデンウィークの間で旧友と会ったり、実家に帰省した人もいるでしょう。

しかし休暇が終わってしまえば、こうした人たちとまたお別れをしなければなりません。

「次はいつ会えるのだろうか?」

「会うのはまた来年か…はぁ…」

このような思いが、悲しい原因となっているのかも。

対処法って何がある?

楽しかった夏の思い出を振り返る

この悲しさ&寂しさをどうにかしたいです。

だから私は、これから訪れる夏に希望を持ちたいと思います。

夏にはどんな楽しいことが待っているのか?

とりあえず去年の夏の楽しかったことを思い出し、振り返ってみます。

そういえば富士山に登りました。

富士山1

登りはあいにくの雨でした。

富士山2

みんなで日の出を待ちました。

富士山3

私は高山病にかかってしまったので、8合目までしか登ることが出来ませんでした。

富士山4

燃えるような太陽を拝めました。

ものすごくまぶしかったのを覚えています。

おそらく強烈な紫外線が目に入ったことでしょう。

富士山5

下りもなかなかしんどかったのを覚えています。

きっと今年の夏も楽しいことが待っている

去年のことを思い出したことで、なんだか希望が持てるようになりました。

今は「GWが終わって寂しい…」というよりも、「夏が楽しみ♪」という気持ちです。

さて、今年の夏季休暇は何をしようかな?

Sponsored Link

フォローする