実況速報!【ムチュア・マドリードオープン2015】2回戦の錦織圭vsデビッド・ゴファンのスコアや勝敗(試合結果)。

本日(5/7)の1:00~からムチュア・マドリードオープンの2回戦、錦織圭vsダビッド・ゴファンの試合が始まる予定でしたが、現在、前の試合が長引いているため、その試合が終わり次第始まります。

※6:35現在、やっと始まりました。

ゴファンとは1ヶ月ほど前の試合で戦いましたが、その時はなんと約1時間で錦織選手が勝利を収めました。

きっと今回も圧倒的な試合を見せてくれると思います。

ここではリアルタイムで実況していきます。

スコア

第1セット:錦織6-2ゴファン

第2セット:錦織4-6ゴファン

第3セット:錦織6-4ゴファン

錦織圭2-1ダビッド・ゴファンで、フルセットの末、錦織選手が勝利しました!!!!!

第1セット

第1ゲーム:ゴファンのサーブ

ゴファンのサーブをいきなりリターンエースで決めた錦織選手。

その後はゴファンのサーブもなかなか強いので一進一退の攻防が続くのですが、錦織は左右に振られてもしっかりとボールを捕えます!

なんといきなりのブレークに成功!

錦1-0ゴ

第2ゲーム:錦織のサーブ

サーブは冴えわたり、ラリーになると打点を遅らせて逆クロスに打ったり。

圧倒的な強さでラブゲームキープです!

ビビる強さ!

錦2-0ゴ

第3ゲーム:ゴファンのサーブ

ゴファンのセンターへのサーブをいとも簡単に2度もリターンエース。

展開がものすごく早い!

ゴファン、早くも追い詰められています…

まるで早送りで試合を観ているようです…

錦3-0ゴ

第4ゲーム:錦織のサーブ

積極的にネットプレーに出るなど、錦織選手のプレーがどんどん柔軟になってきています。

爆裂ショットを連発しているのに、とてもリラックスしている様に見えます。

相手が戦いやすいゴファンだからでしょうか、錦織にトッププレーヤーとしての貫禄があるように見えます。

なんなくキープに成功!

錦4-0ゴ

第5ゲーム:ゴファンのサーブ

ゴファンは無理をしてでもサービスゲームをキープしようと、かなりサーブに力を入れています。

エース級のサーブをバコバコ打ちます。

そしてようやく、ゴファンがキープをすることが出来ました。

錦4-1ゴ

第6ゲーム:錦織のサーブ

ゴファンはプレースタイルを変えてきました。

後ろにポジションを下げてなるべくラリーを続けようとしています。

そしてここに来て錦織のショットがネットに。

とはいってもまだまだ流れは錦織側にあり、サーブ&ボレーなどで相手を揺さぶります。

錦5-1ゴ

第7ゲーム:ゴファンのサーブ

先ほどからバックのリターンエースがスゴイ!

しかしその後はゴファンのサーブがいいところに決まり、キープされてしまいました。

錦5-2ゴ

第8ゲーム:錦織のサーブ

錦織は際どい所に打ち込み、やっとのことでキャッチしたゴファンのボールは浮き、それをコート後ろ側からダイレクトにドライブボレーをぶち込みました。

ヤベッ!つよっ!

興奮する強さです。

が、ゴファンもネットプレーに出てポイントを重ね、デュースに。

しかし強烈なサーブをゴファンはアウトしたりし、そのままこのセットは錦織が勝ち取りました!

25分ほどで1セットが終わってしまいました。

6-2ゴ

第2セット

第1ゲーム:ゴファンのサーブ

なんと現地は夜中で日付が変わったようです。

眠い中テニスをしなければならないなんて拷問です。

ゴファンは今までとは違い、しっかりとサーブを決め、ラリーではコースを突いて攻めています。

珍しくゴファンはいい形でキープすることが出来ました。

錦0-1ゴ

第2ゲーム:錦織のサーブ

試合運びがあまりに早く、いつの間に第2ゲームが終わっていました…

錦1-1ゴ

第3ゲーム:ゴファンのサーブ

長いラリーが続きます。

そして珍しく錦織が最初にアウトミス。

 その後は「よくそんなコートの角に打てるなぁ」と感心するほどのショットを錦織が打ち、有利に進めています。

ゴファンも自分から攻めていこうと何度もコースを突いているのですが、錦織のカバー力がものすごく、攻め切れていません。

とはいったものの、このゲームはゴファンがキープに成功。

錦1-2ゴ

第4ゲーム:錦織のサーブ

ラリーとなり、ゴファンのショットが浅くなると錦織選手はすかさずダウンザラインのウィナー!

ゴファンについてはなかなか突破口が開けないので、かなりアグレッシブになっています。

ゴファンも積極的にダウンザラインを打ち、決まっています。

このゲームで初めてゴファンにブレークポイントを与えます。

しかし、そこから錦織は躊躇のない攻めを見せ、逆転でこのゲームをキープ!

錦2-2ゴ

第5ゲーム:ゴファンのサーブ

これまでよりもラリーが長く続くようになってきました。

ようやくゴファンは錦織の弾丸ショットに適応できるようになってきています。

サービスエースなどを決め、ゴファンがキープをします。

錦2-3ゴ

第6ゲーム:錦織のサーブ

オープンスペースにウィナーを打ち込んだり、ショートクロスに打ったり、錦織選手は一貫して早い展開で勝負しています。

また、ゴファンのショットがものすごく深く入った時も錦織は後ろに下がらず、ライジングで果敢に攻めています。

そのためゴファンは思うように攻めきれないのです。

錦織キープ。

錦3-3ゴ

第7ゲーム:ゴファンのサーブ

ここでも長いラリーが続き、錦織は連続でアングルショットを打ちますが、ゴファンは外に振り回されながらも外からボールを叩き込んできました。

しかしここからは錦織もアプローチショットで攻め込んだりと一進一退。

デュースとなります。

ゴファンにとっては大事すぎるゲーム。落とす訳にはいきません。

ゴファンはビッグサーバーとまではいきませんがかなり良いサーブを打ってきます。

最後の2本のサーブは錦織が連続アウトをし、ゴファンがキープ。

錦3-4ゴ

第8ゲーム:錦織のサーブ

錦織がゴファンのバックサイドを狙い続け、相手の逆を突く結果となりました。

錦織のウィナー!

また、ワイドへの強烈サーブが炸裂!

簡単にこのゲームをキープしました。

錦4-4ゴ

第9ゲーム:ゴファンのサーブ

ゴファンはだいぶ錦織のボールの速さに慣れてきている様子。

左右に振られたとしてもラリーが長く続き、ここではゴファンが先に仕掛け、バックハンドのダウンザラインが決まりました。

ゴファンキープ。

錦4-5ゴ

第10ゲーム:錦織のサーブ

まもなく現地マドリードは深夜1時を過ぎるところ(日本時間の7:45現在)。

錦織は叩いた逆クロスをネット。

また、錦織の甘くなったセカンドサーブをゴファンは深くリターン!

錦織はこの足元に返ってきたボールを打ち返せません。

15-40のピンチに…

ネットプレーでなんとか1本凌ぎます…

しかしその後ゴフィンの強烈バックハンドがライン上に入り…

なんと、錦織の大事なサービスゲームがブレークされてしまいました…

錦4-6

第3セット

第1ゲーム:ゴファンのサーブ

いきなりのダブルフォルト。

この後のすさまじいラリーはゴファンが思い切ってバッククロスを打ち、ウィナーに。

その後もラリーが長く続きます。

そしてなんといきなり錦織選手がブレークに成功します!

幸先の良いスタートです。

錦1-0ゴ

第2ゲーム:錦織のサーブ

錦織がセカンドサーブとなった時にゴファンは叩き込んでくるようになってきているので、錦織としてはプレッシャーがかかっているようです。

ダブルフォルトなどもあり、焦っている様子です。

なんとラブゲームでブレークされてしまいました…

錦1-1ゴ

第3ゲーム:ゴファンのサーブ

今までは試合の流れが錦織側にあったのですが、今となっては失速状態。

このゲームもゴファンがなんなくキープ。

この試合、少しでも引けばラリーの得意なゴファンが勢いづいてしまいます。

危ないです。

錦1-2ゴ

第4ゲーム:錦織のサーブ

ショットはアウトし、ファーストサーブの確率は下がり、セカンドサーブになるとリターンエースを打たれます。

まるでゴファンが錦織のような展開。

緊張感が漂います。

今となって世界ランク21位のゴファンが脅威となっています。

が、なんとかこのゲームをキープ出来ました。

錦2-2ゴ

第5ゲーム:ゴファンのサーブ

絶対に取りたかった動き回る長いラリーはゴファンが取りました。

これは悔しい…

この後、勝負のストレートショットがライン上に決まり、錦織選手はブレークポイントのチャンス!

が、ゴファンは無理をしてでもデュースに持ちこんできました。

そしてサーブがエースに…

惜しいところでブレークすることが出来ませんでした…

あぁ…

錦2-3ゴ

第6ゲーム:錦織のサーブ

最近見れなかったアグレッシブショットがウィナーに!

まだ不安はありますが、錦織の心の中で何かが変わったように思います。

また、今日初めてのドロップショットが完璧に決まりました!

なんとラブゲームでキープに成功します!

錦3-3ゴ

第7ゲーム:ゴファンのサーブ

第6ゲームの勢いそのままに、錦織の流れです!2ポイント連取!

しかしゴファンはリスクを冒してまでも無理してダウンザラインを決めてきます。

さらにゴファンはネットプレーで錦織を翻弄。

ゴファンもかなり闘志を燃やしているのが分かります。

錦織をガチで倒しにきています。

このゲームはゴファンにキープされてしまいました。

惜しい…

錦3-4ゴ

第8ゲーム:錦織のサーブ

ここで速報が。第1シードのフェデラーが負けたようです。波乱の幕開け…

錦織はバックハンドのエア圭を打ち込みます。

しかし大事なところでネット…

危なっかしいのですが、なんとかキープ出来ました。

見ていてハラハラです。

錦4-4ゴ

第9ゲーム:ゴファンのサーブ

ゴファンは身を削って無理をして攻めてくるので、とても脅威です。

こうなった時の敵は本当に恐ろしい。

錦織選手が攻め込まれています。

と、ここでリターンエースが決まります!

そしてなんとかデュースに持ち込みます。

おっと!プレッシャーからか決めることが出来たところをゴファンがアウト!

そして次のポイントでバックハンドによる逆クロスのウィナー!!!

ブレーーーーーーク!!!!!

錦5-4ゴ

第10ゲーム:錦織のサーブ

サーブで相手を崩し、甘くなったリターンをぶち込み!

サーブ好調!

バックのダウンザラインがウィナー!

40-15

最後はサーブで甘く返ってきたリターンをフォアで打ち込んで、ゴファンはネットを超すことが出来ませんでした!

錦織選手の勝利です!

6-4ゴ

まとめ

第1セットはあまりにも簡単に取っていたので、この試合は一瞬で終わると思っていましたが、第2セットからはゴファンも勢いづいてきて、かなり苦戦を強いられました。

どうしてここまで苦戦になったのか、その理由は“錦織選手がセカンドサーブになった時にゴファンに叩きこまれた”からでしょう。

こうしたことが何度もあるとサーブを打つ時にプレッシャーがかかり、勢いが失速してしまうのです。

しかし、いやしかし、よく心が折れずに勝ち抜いたと思います!

次の試合も期待しましょう!

Sponsored Link

フォローする