【速報実況】ムチュア・マドリードオープン2015準決勝のナダルvsベルディッヒのスコアと勝敗結果

本日はムチュア・マドリードオープンの準決勝が2連続で放送されます。

最初はラファエル・ナダル(世界ランク4位)vsトーマス・ベルディッヒ(世界ランク7位)です。

どちらもトップ選手ということで、とても面白い試合が見れると思います。

ここではリアルタイムで実況していきたいと思います。

スコア

第1セット:ナダル7-6ベルディッヒ

(タイブレークはナダル7-3ベルディッヒ)

第2セット:ナダル6-1ベルディッヒ

ナダル2-0ベルディッヒで、ナダルがストレートで勝利しました。

第1セット

第1ゲーム:ベルディッヒのサーブ

ナダルはポジション後ろ気味で相手の様子をうかがっている感じです。

ベルディッヒのショットはなかなか深いので、ナダルはミスショットをしてしまいます。

ベルディッヒがこのゲームをキープ。

ナ0-1ベ

第2ゲーム:ナダルのサーブ

ラリー戦になると長く続くことが多いです。

このゲームはナダルのショット、サーブの勢いがあり、なんとかキープが出来ました。

ナ1-1ベ

第3ゲーム:ベルディッヒのサーブ

ナダルのショットは相変わらず山なりの回転系です。

そのため、浅くなると高い打点でベルディッヒが叩いてきます。

そうしたショットが何度かウィナーとなり、ナダルは逆を突かれています。

ベルディッヒがキープ。

ナ1-2ベ

第4ゲーム:ナダルのサーブ

ナダルがこのゲームからかなりパワーアップしています。

3本連続フォアハンドがウィナーとなっています。

確実に早いタイミングで相手の逆を突いています!

また、最後はサービスエースで決めました。

ナダル復活を感じさせます。

面白くなってきた!

ナ2-2ベ

第5ゲーム:ベルディッヒのサーブ

ベルディッヒのファーストサーブの入りがあまり良くありませんでしたが、アプローチショットを駆使して攻めるなど引き出しの多さを感じさせます。

ベルディッヒがキープ。

ナ2-3ベ

第6ゲーム:ナダルのサーブ

最初の長いラリーはナダルがネットミスをしましたが、次のラリーでは角度のついたゴリゴリ回転ショットが炸裂!空間を操るかのような自在なコントロール技術です。

デュースにもつれ込みます。

ナダルのケツの食い込みを直すゲン担ぎが功を奏したのか、このゲームはナダルがキープ出来ました。

ナ3-3ベ

第7ゲーム:ベルディッヒのサーブ

このゲームは最初にナダルが2ポイント連取をして有利でしたが、すぐにベルディッヒに追いつかれ30-30。

この後決定的チャンスのボールをベルディッヒがドライブボレー、なんとネットにかかってしまいます。

ナダルのブレークポイントとなりましたが、この後3連続でとてつもないサーブをぶち込み、ナダル打ち返せず。

ベルディッヒがキープ。

ここぞという時に力を発揮する恐ろしい選手です。

ナ3-4ベ

第8ゲーム:ナダルのサーブ

ナダルのサーブが絶好調です。

ベルディッヒが返しても最強ギュルギュルショットがウィナーに!

やはりナダルのゲン担ぎ(ケツの食い込み⇒鼻⇒耳⇒鼻⇒耳)がすごいのでしょうか?

ナ4-4ベ

第9ゲーム:ベルディッヒのサーブ

ベルディッヒはナダルのバックハンド側を狙ってナダルの攻撃を封じています。

また、サーブが鋭いのでナダルが打ち返してもその後すぐにストレートにウィナーを決めます。

ベルディッヒがキープ。

ナ4-5ベ

第10ゲーム:ナダルのサーブ

ナダルの、軌道の高くてバウンドするショットが深く入ると、ベルディッヒは抑えきれずにアウトをします。

そのためベルディッヒは徹底的にナダルのバックハンドを狙います。

しかしナダルのバックハンドも深いので、ベルディッヒは苦しんでいる様子。

ラブゲームでキープしました。

ナ5-5ベ

第11ゲーム:ベルディッヒのサーブ

いきなりのサービスエース!

しかし次はダブルフォルト。

プレッシャーのかかる大事なゲームです。

ベルディッヒはファーストサーブは良いですが、セカンドになるとナダルがショットで押します。

デュースに!

そして来た!ナダルのリアルスネーク!

外から巻き込むようにボールがコートへと入っていき、ウィナー!

あぁ、ナダルが決めにいきましたがミス。またデュースです。

ここからベルディッヒの好調なサーブが決まり、キープをしました。

ナダル惜しかったです。

ナ5-6ベ

第12ゲーム:ナダルのサーブ

ナダルはフォアハンド・サーブともに威力が強く、完全に相手を押しています。

見事、ラブゲームキープ!

タイブレークに入ります。

ナ6-6ベ

タイブレーク

  1. ベルディッヒはナダルのショットをアウトでいきなりミニブレーク
  2. ナダルは頑張って何度も回り込みますが、甘くなったボールをベルディッヒがアプローチショットでウィナー。ミニブレーク
  3. ナダルの強烈なボディへのサーブが決まります。
  4. ベルディッヒのセカンドサーブをナダルは無理やり回り込み、アウト
  5. ナダルの深いリターンをベルディッヒはネット。ミニブレーク
  6. ナダルのワイドへのサーブをベルディッヒは大きくアウト。ナダル有利です。(ナ4-2ベでチェンジコート)
  7. ナダルの回り込み逆クロスが最高のウィナー!
  8. ナダルのリターンが惜しくもアウト…
  9. ひえ~、ナダルのストレート強烈フォアがウィナー!超オモロイ!
  10. 長いラリーでベルディッヒの仕掛けたショットが大きくアウト、ナダルが勝ちました!

タイブレークはナ7-3ベ

7-6ベ

第2セット

第1ゲーム:ナダルのサーブ

お互いウィナーが多いです。

しかしベルディッヒはこれまでの勢いが減っているように思います。

ラリーになるとナダルのショットが冴え渡ります。

キープ。

ナ1-0ベ

第2ゲーム:ベルディッヒのサーブ

このゲームはベルディッヒのサーブの独壇場。

ナダルには1ポイントしか与えずキープに成功します。

ナ1-1ベ

第3ゲーム:ナダルのサーブ

2連続でベルディッヒはリターンミス。

次はナダルの鋭いショットがアングルに決まり、ポイント。

ベルディッヒもラリーで押しますが、最終的にはナダルがキープしました。

会場は熱いので観客は皆センスであおいでいますが、選手にとってはこれがチラチラと気になる様子ですw

しかしこのセンス、会場で配られたものだそうですw

ナ2-1ベ

第4ゲーム:ベルディッヒのサーブ

ナダルは軌道の高いショットと低いショットをうまく使い分け、ベルディッヒを翻弄しています。

そしてベルディッヒは大事なところでダブルフォルト…

デュースになってしまいました。

そして3度目のブレークポイントをナダルがポイント!

ここでブレークに成功!

ナ3-1ベ

第5ゲーム:ナダルのサーブ

追い詰められたベルディッヒは結構思い切ったアングルショットを量産。

しかしナダルも負けてはいません。

可能な限りボールを引き付けてダウンザラインのフォアを打つので、コースが読めないベルディッヒは動けません。

ナダルキープ!

ナ4-1ベ

第6ゲーム:ベルディッヒのサーブ

いきなりダブルフォルト。今試合4つ目。

そしてラリー戦では、ありえない角度で急激に落ち始めるナダルのエッグボールがすごすぎます。

まるで曲芸のようなナダルのショット。

デュースになります。

おっと!またナダルの逆クロスの鋭角なショットがウィナーに!

が、ベルディッヒはサーブでしのぎます。

…最後はベルディッヒのダブルフォルト…

ナダルがブレークしました!

ナ5-1ベ

第7ゲーム:ナダルのサーブ

ラリー戦になりますが、ベルディッヒが最初にアウトをします。

完全にナダルの流れです。

うわっ!ナダルの逆クロス炸裂!

40-0でトリプルマッチポイントです!

最後はナダルのサーブをベルディッヒがアウト!

ナダルがジャンピングガッツポーズ!

6-1ベ

まとめ

試合が終わり、ナダルは上半身裸で入念に体を拭いていました。

アピールかっ!w

腹筋が超特大ブロックチョコレートです。

素晴らしいw

それにしても途中からナダルの迫力満点ショットが多数見れました。

これは次の錦織vsマレーは、是非錦織に勝ってもらいたいです。

錦織が勝ってくれれば去年のリベンジマッチとなります。

(去年は決勝がナダルvs錦織だった)

午前3時から行われる錦織の試合を全力で応援しましょう!

Sponsored Link

フォローする