失敗ばかりのダイエットのやる気が出る言葉

ダイエットは続けるのが難しいですよね。

そこで、ここでは思わず「ダイエットしなきゃ」と思うような言葉を書いていきたいと思います。

「そんな体で温泉に行って恥ずかしくないの?」

日本人ならみんなと温泉に行く習慣がありますが、その時に恥ずかしくありませんか?

ボヨンと出た不必要な腹の肉を見てください。

そして、そのぜい肉をつまんで、お腹に力を入れてみてください。

筋肉じゃないから力が入らないでしょう?

そんなみすぼらしいものは人前にさらせませんよね。

それとも、人に見られても何とも感じないほどプライドが下がってしまったのですか?

「そんな体を海でひけらかすの?」

海にはスタイルの良い人がたくさんいます。

そんな中にそのボディで突入出来るのでしょうか?

ポッコリと出た腹の肉、だらしなく、メリハリのない姿…

そんなんでは自信を持って砂浜を歩けないですし、楽しい気持ちは半減してしまいます。

「浮き輪をつけていればいい」なんて考えはダメです。

写真を撮る時に浮き輪をつけている人は、傍からみたら痛々しいです。

「風呂場で毎日ぜい肉を気にしてるんでしょ?」

お風呂に入る時、毎日気になる部分のぜい肉を気にしているんでしょう?

それをあと何年続けるのですか?

「お腹の肉ヤバいなぁ…」

「二の腕のお肉嫌だなぁ…」

もうこんな生活止めましょう。

「筋肉付けて代謝をアップさせねば!」

まずは無酸素運動「筋トレ」をして筋肉をつけないと!

筋肉が付いて代謝がアップすればあなたの体にへばりついた憎きぜい肉を燃やしやすくなります。

腕立てで二の腕を、腹筋で腹まわりのぜい肉を燃やしやすい体に自分を改造しましょう。

「筋肉付けたらあとは走って走って走りまくる!」

筋肉は最初に付けたほうがいいと思います。

でないと引き締まりません。

まずは筋トレ、その後にジョギングです。

汗だくになるまで走りまくりましょう。

疲れた分だけ、肉が燃えています。

「男なら、細マッチョボディで女を魅了するべし!」

せっかく男に生まれてきたのなら、女性より筋肉が付きやすいのだからカッコいいボディを目指しましょう。

厚い胸板、広い背中、太い腕。

適度な細マッチョになると顔つきも変わってきます。

ボヨン顔からシュッとした顔に変わります。

女性からモテます。

今日から走りましょう。

「女ならスタイル抜群のボディで服を着こなそう!」

無駄な肉がなく、くびれがあるような抜群スタイルであれば、どんな服装も似合います。

適度な運動をして筋肉も付けば姿勢が自然とよくなり、大多数の中にいても見栄えがかなり変わってきます。

今日から走りましょう。

「今日は何時から走るの?」

昨日は21時から30分ジョギングをしました。

今日は17時から

  • 腕立て:50回
  • 腹筋:50回
  • 背筋:50回

をして、18時から30分ジョギングをしようと思います。

さぁ、あなたも一緒にレッツトライ!

そして痩せた日には、晴れた空の下、自慢の出来るボディで町を優雅に歩きましょう!

Sponsored Link

フォローする