汗っかきをどうにかしたい時の対策。スーツや電車の場合。

汗っかきは非常に辛いです。

私は汗っかきですが、夏が近づいてくると汗地獄です。

スーツを着た時は体の熱がスーツ内にこもってサウナ状態と化しますし、電車に乗る時も最寄駅に着いた頃には汗だく…

こめかみ辺りから汗がダラダラとしたたり落ちてきます。

また、汗をかけばかくほど夏の電車の冷房が寒いです。

お腹は冷えて体調を崩しかねません。

というわけで、ここでは私が行っている、汗とうまく付き合う方法・対策について書いていきたいと思います。

外出する前には制汗ローション塗りたくる!

ローションといっても普通のパウダー入りの液体です。

特におすすめなのがシーブリーズの「マイナス5℃」のタイプ。

暑い日は外出前が勝負です。

とにかく汗のかきやすい胸上部、肩まわり、脇の下、首まわり、背中はもちろんのこと、腕、足、太ももなど全身に塗ります。

そうするとサラサラパウダーのおかげでしばらく汗をかいても汗特有のベタベタを抑えることが出来ます。

汗っかきには必須アイテムですよね。

最寄駅に着いたらすぐに汗拭きシートを用意!

家を出て最寄駅に着いたらすぐに汗拭きシートを1枚取り出します。

「汗をかいたらハンカチで拭く」という人も多いと思いますが、汗っかきからするとハンカチでは間に合いません。

なぜなら拭いているだけだと体のほてりが治まらないからです。

それならメントール配合の汗拭きシートを使い、汗を拭きながら体を冷やしていくほうが一石二鳥。

特に顔まわり、首まわりを拭きまくります。

私は髪の毛がくせっ毛でもあるので、前髪が汗を吸い込まないようにしないといけません。

この作業はすばやく行います。

ハンカチを汗拭きシート代わりにすることも出来る

もし汗拭きシートではなくハンカチを使いたい場合は、ハンカチに直接制汗ローションを染み込ませる方法もあります。

ちょっと制汗ローションがもったいない気もしますけど。

汗っかきにとって、いかに汗をかく前に体を冷やすかが大切

夏はどうしても暑いので汗をかくことは仕方がないのですが、それでもかき過ぎると生活に支障が出ます。

何より恥ずかしいです。

電車の中で汗ダラダラなのは「おい、お前どんだけだよ」と思われかねません。

だからこそ、外出前、汗をかく前に制汗ローション・汗拭きシートをすばやく使い、体を冷やして快適なサマーライフを送りましょう!

Sponsored Link

フォローする