夏にエアコン冷房なし!熱中症対策!私なりの、家で涼しく過ごす方法・対策

外の気温が真夏日を超えるくらいになると家の中もものすごく暑くなります。

しかし、中には「エアコンをつけるといつも体調を崩すからつけたくない」という人もいると思います。

私の場合なんか毎年エアコンの冷房で体が極度に冷え、風邪を引いてしまいます。

ではいったいどうしたら冷房なしで快適に夏を乗り切ることが出来るのでしょうか?

私なりの方法を書いていきたいと思います。

血管の集まる箇所に濡れたタオルを巻く

首周り、肩周り、太もも周りには血管が多く集まると聞いたことがあります。

そのため、こうした箇所を重点的に冷やすことで全身を涼しくすることが出来ます。

水に濡らしたタオルやガーゼを巻いて、体温の上昇を防ぎましょう。

巻くヒンヤリグッズ

今では専用の吸水ポリマーを利用した、長時間“ヒンヤリ”が続くグッズもありますね。

女性でもしやすいおしゃれなスカーフ型もあります。

タオルに保冷剤を包んで体に巻く

上記のように、ただタオルに水を含ませただけでは間に合わないほど暑い場合は、積極的に体を冷やす必要があります。

タオルにあらかじめ冷やしておいた保冷剤を巻いて、体に巻き付けましょう。

制汗ローションを使う

シーブリーズのような制汗ローションにはメントールが含まれているため、体がひんやりします。

全身に塗ることで爽快感を味わうことが出来ます。

ペットボトルに水を入れて凍らせておく

毎日数本のペットボトルに水を入れて凍らせておき、少しずつ溶けてきたものを飲むのです。

めちゃくちゃ冷たい水を体に入れることで体内から体を冷やすことが出来ます。

ただ、水だけの水分補給は、塩分がないために危険です。

熱中症対策用の飴などをうまく使って、体調管理には気を付けるべきです。

うちわは常備

うちわの風は自分で調節できますし、エアコンほど冷たくないので快適!

うちわは私にとって絶対必要なアイテムです。

※喉が渇く前に水分補給を!

最近は夏がどんどん暑くなっているような気がします。

本当はエアコンを使わないと危険です。

だってお年寄りなども自宅にいながら熱中症にかかり、亡くなったというニュースが毎年のように流れてきていますから。

エアコンを使わない場合は、絶対に水分補給に気を使わなければなりません。

もし、トイレに行った際に尿の色が濃かった時は、「脱水症状気味なんだな」と考えるようにしましょう。

Sponsored Link

フォローする