ドラマ「ようこそ、わが家へ」第8話の感想。嫌がらせの真の犯人は下村民子&イーグル精密は倒産していた

ドラマ「ようこそ、わが家へ」もクライマックスに近づいてきました。

第8話ではかなりの進展!そして倉田家最大のピンチ!

ここでは感想や考察をしていきたいと思います。

陶芸教室の先生はただの気持ち悪い盗聴魔だった

前回から陶芸教室に通う生徒さんの家が次々に空き巣に入られ、お金を盗まれたりと被害に遭っていました。

そして、その容疑が一度、母の倉田珪子にかかることに…

しかし、息子の健太のお陰で空き巣に入られた生徒さんの家から盗聴器を発見!

ついには陶芸教室の先生を追い詰めることに成功したのでした。

それにしてもこの時、盗聴している人間は気持ちが悪いと感じました。

たまに夕方のテレビ等でも盗聴器に関するテーマで番組が組まれたりしていますが、実際にこうした人間が存在していると考えるとかなり気色悪いです。

真瀬営業部長は何を考えているのか?

今回、父・太一は真瀬部長に「本当にイーグル精密の資金繰りは大丈夫なのでしょうか?本当にM&Aは成立するのでしょうか?」と聞いていましたが、真瀬は「大丈夫だっつってんだろ!」と一蹴。

なんとも怪しく、さらには、太一の部下を脅して報告書を盗ませていました。

このままではかなりの額のお金がイーグル精密に関わる誰か(たぶん社長)に渡ってしまうことに…

なんとなく真瀬とイーグル精密の社長はグルな気がします。

それにしてもナカノ電子部品の社長は完全に真瀬部長を信じてしまう人です。

もしくは社長もグルなのか…

第9話の進展を待ちましょう。

民子の秘密がいろいろと明らかに!

陶芸教室の生徒の1人、下村民子の本性が明らかになりつつあります!

これまでの民子のイメージは、

  • お金持ちの夫がいる
  • マダム
  • 何か企んでいる

でした。

しかし、第8話で息子・健太が民子の家を訪れた時には洗濯物が女性ものしかなく、

  • 独身?
  • 何か闇を抱えている(病んでる)

といったことがイメージとして伝わってきました。

ここまで来ると、民子はいつも楽しそうな珪子を妬んで、倉田家の仲を悪くしようと母・珪子と陶芸教室の先生をくっつけようとしていたのだと推測出来ます。

しかし、先生が捕まってしまって自分の作戦が狂い、最終手段として家に火をつけるという行動に出たのだと思います。

次回、第9話の予想としては、

  • 民子逮捕
  • 珪子一命を取り留める
  • 倉田家を襲った最初のストーカー(電車のやつ)の捜索を兄&ナスカちゃんが始める
  • シルビアちゃんが報告書を盗んだ経理部の部下を問い詰める

などだと思います。

それにしてもめっちゃ楽しみですな!

Sponsored Link

フォローする