ドラマ「ようこそ、わが家へ」最終回の予想・考察をしてみる!

とうとうドラマ「ようこそ、わが家へ」も最終回に突入です!

第9話を見終わった時は、さらに謎が出てきて視聴者側としては混乱するばかり。

いったい最後はどんな展開になるのか!?

ここで一旦最終回の予想・考察をしていきたいと思います。

電車の割り込み男の正体はナスカちゃんとつながっているのか?

第9話の最後に出てきた写真が決定的でしたね。

ニット帽の名無しさんとナスカちゃんが2ショットで映っていました。

しかも、ナスカちゃんは「この物語は私の復讐劇」のようなことを言っていました。

ではナスカちゃんは実は悪者なのか?

もしそうなら「まさか!」ですが…

さすがにナスカちゃんは悪者ではない気がします。

というのも、第9話の最後のセリフは思わせぶりなもので、最終回の視聴率を狙ったものではないかな?と思いました。

最後の最後で「実はナスカちゃんは倉田家に恨みを持っていた」なんて展開は当て付けというか、無理やりすぎる気がするんですよね。

実際盗聴器を見つけたりしてくれて、かなり倉田家に貢献してるし…

しかしそうなると2ショットの写真の意味が分からないですね。

ナスカちゃんと名無しさんの関係で考えられるものは、

  • 兄妹
  • カップル
  • 仕事仲間(週刊誌をでっち上げる(盛り上げる)ための自作自演か?)

深読みしすぎると変な方向にいきそうですが、これらのどれかに落ち着くのではないかなと。

母・珪子は不倫をしていたのか?

第9話の最後の最後で、母・珪子と八木通春(高田純次)が並んでどこかの建物内にいるシーンが流れました。

あれは何を意味しているのでしょうか?

単純に考えたら“不倫”ですが、それでは母・珪子が悪者になるだけ。

そもそも家族思いのお母さんが不倫なんてするわけがありません。

これは父・太一のことで脅されて、嫌々八木に振り回されている気がします。

何かしらの理由で八木は太一のことを恨んでいて、珪子に「不倫しないと太一をもっと環境の悪いところに左遷させるぞ!」的な。

恐っ!

妹・七菜の面接官に倉田家の嫌がらせ記事のコピーを送ったのは誰か?

次回予告を見ると、七菜の面接の時に面接官が何か紙を持っていましたよね。

たしか倉田家の嫌がらせ問題に関する雑誌の記事をコピーしたものだったと思います。

いったい誰がこんな悪質なことをしたのでしょう?

以前であれば、親友だと思っていた保原万里江(足立梨花)が七菜の就活に嫌がらせをしていましたが、現在は捕まっているか、もうそんな悪事はしないはず。

では七菜の面接のことを知っている人とは?

知ってそうなのはナスカちゃんですよね。

でもなんで?

本当に分かりません!

あ、元カレも面接のこと知ってるか…

まさかね…

真瀬のタバコと、以前公園で倉田家を見張っていた男のタバコの銘柄が一致

これもまた謎です。

真瀬部長が吸っていたタバコ、そして以前夜中に倉田家を見ていた男が吸っていたタバコ、この2つの銘柄は一致しています。

“たまたま同じなだけだった”、“偶然そうだった”みたいな展開はないと思います。

真瀬部長の青葉銀行嫌い、太一嫌いは相当なもの。

倉田家はひん死の猫(ガス)をポストに入れられたり、車を傷付けられたりとたくさんの嫌がらせを受けてきました。

そのどれかは真瀬部長の仕業ではないでしょうか?

怪しいところがたくさんありすぎて、考察してもしきれませんでした。

ただ、やはり鍵となるのはナスカちゃんのような気がします。

ナスカちゃんが意外な展開を持っていそうです。

最終回、楽しみにしましょう。

Sponsored Link

フォローする