現代病「スマホ老眼」になる原因と予防法・対策

最近話題となっているのが「スマホ老眼」

現代は1人1台スマホを持つ時代ですし、家でも電車でもスマホをいじっている人が大半。

そしてこうした生活スタイルが目にかなりの悪影響を引き起こしていると言うのです。

ここではスマホ老眼の原因や予防法・対策について書いていきたいと思います。

まだ20~30代なのに老眼?原因とは?

スマホ老眼の原因

私が最初に「スマホ老眼」という言葉を聞いた時、耳を疑いました。

「まさか老眼!?近視の間違いだろう?」と。

しかし、実際に老眼のような症状を訴えている若者が増えているようです。

なんと、近くのものを見た時に一時的にピントが合いにくくなってしまうのです。

近視であれば“遠くにピントが合わない”ですから、明らかにスマホ老眼は近視ではないです。

では、いったい原因は何なのでしょうか?

それは毛様筋の疲労です。

人間は目の水晶体の厚みを変えて、遠くにピントを合わせたり、近くにピントを合わせたりします。

そして水晶体の厚みを変える筋肉が毛様筋です。

では、遠くと近く、どちらを見た時に毛様筋は力を使うでしょうか?

答えは近くを見ている時。

近くにピントを合わせる時は水晶体の厚みを厚くする必要があるのですが、その時、毛様筋は必死に水晶体を周りから押して、力を加えて水晶体を分厚くしているのです。

これはいわば“緊張状態”です。

ということは、ずっと近くでスマホを見ることで目は疲れていくのです。

(逆に遠くを見る時は水晶体は薄くて良いため、毛様筋は力の入っていないリラックス状態になります)

やがてスマホによって目を酷使した結果、近くを見る時などに毛様筋がうまく機能せず、ピントが合わない老眼現象が起きてしまうのです。

また、スマホやパソコンを見ている時は瞬きが少なくなると、必然的に涙の量も減り、目の表面の角膜が傷ついたり目の修復が遅れる原因にもなります。

さらにスマホ・パソコンから発せられるブルーライトは網膜の中の黄斑部を損傷させるとも言われています。

予防法と対策

スマホを使う頻度を下げ、遠くを見るように心掛ける

スマホ老眼の予防には遠くを見る

一番簡単に出来る対策です。

普段、家や電車で行うスマホいじり(ネットサーフィン等)をする頻度を下げるのです。

そして、その代りに景色や遠くの建物などを見るようにしましょう。

まずはスマホ老眼の元凶であるスマホを控え、遠くを見るだけでも目はリラックスします。

そしてもしスマホを使う場合は目から話して使うように心掛けましょう。

目のマッサージや保温を行う

スマホ老眼にはマッサージや保温

ずっと近くを見ていると、毛様筋が凝り固まってしまい、目が疲れる原因となります。

そしてこうした時は血流も滞ってしまっています。

血流が悪いということは、しっかり酸素が行き届いていないことにもなりますし、眼精疲労・ドライアイが続くと目の下にクマ(血行不足)が出来る原因にもなります。

このような場合は、目の周りのマッサージや保温をして血流を良くしてあげましょう。

マッサージであればこめかみ辺りを指で押してあげたり、親指の平をこめかみにつけて人差し指の第2関節で目の周りを何周か押してあげるのが良いでしょう。

また、保温であれば市販の「めぐりズム」も良いですし、

家にあるタオルを濡らし、軽く絞って電子レンジで1~2分温め、熱々になったタオルを目の上に乗せるのも効果があります。

私は目が疲れた時はいつもタオル&電子レンジの方法を取っています。

それでも不安な人に

ココウユブルーベリー画像

人がものを見る時には網膜のロドプシンと呼ばれる色素が分解・再生を繰り返します。

しかし、ブルーライト等によって目に疲労が溜まってくるとロドプシンの働きが追いつかず、目がかすんだりピントが合わない現象が起こるのです。

そこでこのロドプシンの働きを活性化させてくれるのがポリフェノールの1つ「アントシアニン」です。

これはブルーベリーに多く含まれているのですが、これがよく「ブルーベリーは目にいい」と言われる所以です。

そこで、普段からスマホをよく使っていたり、仕事柄パソコンをよく使う人はブルーベリーを摂取することが好ましいのです。

また、効率的にアントシアニンを取りたい場合は「ビルベリー」等の、普通のブルーベリーの2倍の含有量を誇るベリーを摂取するのが良いです。

ココウユビルベリー画像

そもそもポリフェノールは体で生成することが出来ないので、摂取しなければ不足するばかりですし、実際にブルーベリーを買おうと思っても定期的に冷凍のものを買うくらいでないと食べ続けるのは難しいです。

また、いざブルーベリーを買っても結構な量を食べなければ十分なポリフェノール(アントシアニン)を摂取できないということもあります。

そのため、このような場合はサプリを使うことが有効になります。

昔私が近視になった時、眼科からブルーベリーのサプリを勧められて試したことはありましたが、やはり一般的にも眼精疲労にはアントシアニンの効果が認められているようです。

ただし、「サプリはちょっと…」という人もいると思うので、そうした人たちは冷凍ブルーベリーを買ってヨーグルトの上に乗せて食べるのもおすすめです。

Sponsored Link

フォローする