「当たり障りのない会話」の意味は何なのか考える。使い道や効果について。

人間はコミュニケーションをしながら社会を生き抜いていきます。

しかし、中には、

「あまり好きじゃない人」

「苦手な性格の人」

がいます。

そういう人たちと最低限良い関係を築くために大活躍するのが“当たり障りのない会話”です。

では、“当たり障りのない”とはどんな意味で、どんな効果があるのかについて考えていきたいと思います。

“当たり障りのない”の意味

これは、“無難な”に近い言葉です。

  • 特にその人の感情を変化させるほどのものでなかったり
  • その人と、物事に対して深く考えたり、掘り下げることはしなかったり

なものです。

「当たり障りのない会話」の使い道

これはどんな時に使えるでしょうか?

例えばアルバイト先や職場の人と話す時に使えます。

近くにいるのに黙っているのも気まずいので、

「今日は寒いですね」

「休日はどんなことしてるんですか?」

と話し始めれば時間をつなげます。

また、少しでも仲良くなるきっかけとして

“当たり障りのない会話”

から話し始めることも多いです。

「当たり障りのない会話」の効果

メリット

メリットとしては、退屈な時間しのぎや気まずい雰囲気を打開する効果があります。

また、初対面の人と話し始める時は、いきなり「付き合ってる人いるんですか?結婚してるんですか?」というような突っ込んだことを聞くより、「これって○○なんですか?」と身近なことを絡めて話したほうが自然に話を続けることができます。

逆に、初対面の人と“当たり障りのない会話”をしなかったら、

「無愛想な人だな」

「恐い人なのかな?」

と思われてしまうこともあるでしょう。

デメリット

メリットとして、人との関係を築くきっかけとなることは先程言いました。

しかし、ずっと“当たり障りのない会話”をしていてはどうなるでしょうか?

単調すぎて面白みがなくなってしまいます。

話していても退屈、苦痛へと変わっていってしまいます。

また、“当たり障りのない会話”だけでは表面的な関係止まりとなってしまって、親密な・気を許せる仲に発展させるのは難しいでしょう。

密接な人間関係構築は、最初の“当たり障りのない会話”をきっかけとして、そのあとにどれだけ話を発展できるかにかかっています。

また、自分からオープンに接して行ったり、多少のユーモアを織り交ぜる工夫も必要になってくるでしょう。

Sponsored Link

フォローする