【速報】錦織圭がセッピとの準決勝の試合を棄権。左足にテーピングで負傷か「ゲリー・ウェバー・オープン2015」

本日、ゲリー・ウェバー・オープン2015の準決勝の試合が行われました。

錦織圭の対戦相手はアンドレアス・セッピ(世界ランク45位)。

しかし、錦織圭は様子がいつもと違いました。

なんと、第1セットの途中で自ら棄権をしてしまいました。

コート登場時から足にはテーピングあり

錦織はこの準決勝のためにコートに登場した時には、左足首~ふくらはぎの広範囲にかけてテーピングがされていました。

また、サーブの打ち方も普段と違い、足に体重をかけたくないといった感じでした。

さらに、セッピのサーブにも足が一歩出ず反応できなかったり、ラリー戦になってもボールを追いかけようとはしませんでした。

おそらくこれまでの長いタフな試合の中で、足を負傷してしまったのでしょう。

錦織が一度ボレーを打った時には、左足を大きく踏み込んでしまったため、苦い顔をしていました。

痛そうでした。

頭にはいつものハチマキがなかった

錦織は今大会の試合で必ず頭にハチマキを付けていました。

しかし、今日の準決勝に関しては頭にハチマキを付けていませんでした。

戦う意志を示していないということです。

こうしたことからも、今日に試合については最初から、途中棄権をかなり想定していたのだと思います。

スコア1-4で途中棄権を判断

スコアが錦織1-4セッピの時点で錦織は自ら棄権を判断し、セッピに歩み寄り握手をしました。

錦織圭はかなりキツかったのだろうと思いますが、たくさんのお客さんを待たせているということもあり、少しでもコートに立とうと、今日は限界まで奮闘してくれたのでしょう。

こうした精神には敬意を表したいです。

ウィンブルドンはもう10日ない

今月6月の終わりには4大大会の1つ「ウィンブルドン」が控えています。

もう10日もありません。

そのため、錦織が完璧なコンディションで試合に臨めるかが心配です。

もちろん、もっと芝のコートで練習を積むつもりだったとは思いますが、左足の故障との兼ね合いがどうなることか…

左足というのは、右利きの人がサーブを打ったあとに体重を支える足です。

この足が痛いと思い切ってサーブも打てませんし、今日のような状態ではどんな試合も厳しいです。

ただ、テニス人生はまだまだ続くため、ここで無理はしてほしくはありません。

ウィンブルドンの出場がどうなるのか、今後の動向に注目しましょう。

追記

錦織選手はウィンブルドンに向けて、練習を再開したようです。

左足の怪我については、ものすごく大きなものではなかった模様。

ただし、無理をしたりハードな試合が続けば、今後棄権の可能性もあるでしょう。

今後の動向を見守りましょう。

Sponsored Link

フォローする