わきが治療が保険適用される東京の形成外科・美容外科

わきが治療は、保険が適用される形成外科・美容外科とそうでないところがあります。

もし保険が適用されれば5万円ほどで済みますが、保険が適用されなければ通常15万円以上かかってしまいます。

そこで、ここでは東京の、保険適用可能でわきが治療を行っているクリニックを紹介していきたいと思います。

保険適用されるのは「剪除法」

すでに知っている方も多いでしょうが、わきがの手術は複数ある中、保険が適用されるのは「剪除法(せんじょほう)」のみになります。

これは、一番確実な方法と言われていますが、メリット・デメリットが存在します。

メリット

メリットは、直接目で見てアポクリン腺を除去するので、しっかりと取り除くことが出来る点です。

他の方法だと直接見ないで除去をしたり、レーザーなどで焼くようなものがありますが、それだと体内にアポクリン腺を残したままになる可能性が高くなります。

それだけ再発の可能性も高まるということです。

そのため、剪除法を選ぶ人がたくさんいるのです。

デメリット

剪除法は脇を数cmメスを入れて、アポクリン腺を除去する方法です。

当然のことながら傷が残ります。

また、医者の腕が悪いと、アポクリン腺が多く残るような不十分な結果に終わることも。

さらに、術後にしっかりと固定しなければ切り取った皮膚が壊死してしまう場合もあります。

わきが治療を受けるのであれば、経験と実績のあるクリニックを選ぶことが最重要なのです。

保険適用の手術は質が悪いのか?

わきが治療には、

  • 保険がかけられる保険診療
  • 保険がかけられない自由診療

の2つがあります。

そして、よく聞く言葉が「保険適用だしっかりとした治療が受けられない」ではないでしょうか?

なぜこのように思われているのかというと、

“自由診療は高いお金を払っているから時間を掛けて治療してもらえるが、保険診療だと最低限の時間でしか治療してもらえない”

という考えがあるからです。

ただ、治療の結果をどう評価するかは個人差があります。

  • 自分が感じる臭い
  • 傷のレベル
  • 思い込み

これらの要素によって、不満に思うかどうかが変わってくるのです。

実際、高いお金のかかる自由診療にしたところで、わきが治療に対して不満を持っている人もいます。

そうしたことからやはり、経験と実績を兼ね備えた外科医のいるクリニックを選べるかが大切になってきます。

すべての人が保険適用になるわけではない

わきがには様々な種類があり、

  • 思い込みのわきが(精神疾患)
  • 軽度なわきが

もあります。

これらについては保険が適用されないことを覚えておきましょう。

わきが治療前はクリニックでカウンセリングを受けることになるので、しっかりと相談しましょう。

池袋サンシャイン美容外科

ココウユ池袋サンシャイン美容外科

池袋サンシャイン美容外科では、保険適用でわきが治療を行うことが出来ます。

場所は池袋東口を出て徒歩5分と近いです。

保険適用外だと両脇で30万円ほどするところが、こういった保険適用ありの場所だと両脇で4万円程度なのでとてもお得です。

また、女性の専任カウンセラーもいるので、「恥ずかしいな…」と思っている人も安心です。

カウンセリングは無料なので、わきがに苦しんでいる方は相談だけでもしてみましょう。

公式サイト⇒池袋サンシャイン美容外科

Sponsored Link

フォローする