高校生の夏休みが暇すぎる時の暇つぶし方法と一人ぼっちの対処法

高校生は夏休みに何をして過ごしますか?

暇を持て余していませんか?

せっかくの長期休暇なのに、「あ~暇!何しよっかなー」なんて考えていたら時間がもったいないです。

そこで、ここでは高校生向けに暇つぶし方法を紹介していきたいと思います。

部活はしていない?

私が高校生の頃はテニス部だったので、毎日部活があり、8月は合宿もあったのであまり暇ではありませんでした。

もし、高校生で「暇だ」と言っている人は、部活をしていないか、部活をしていても活動頻度が低いのだと思います。

夏休みが部活中心ではないということで、自分の時間はたっぷりとあるのですね。

しかし、このような状況の時は自分から行動を起こさなければ永遠に暇になります。

自ら動いて、どのように夏休みを楽しむかが大切なのです。

夏のイベントに友達を誘う

夏には夏だけのイベントがたくさんあります。

プールに海に、花火大会、お祭り!

そのため、友達をこうしたイベントに誘うことをおすすめします。

ワイワイしているところに入っていくと、自然に気分が上がって楽しいと思います。

やはり、今学生の頃を思い出すと、友達と何かをすることでそれが思い出となります。

また、上記以外でもディズニーランドやUSJなど、楽しめるアミューズメントパークは様々なところにあります。

友達とどこかに出掛けて楽しい時間を過ごしましょう。

中学生の頃には出来なかった夏の短期のアルバイト

高校生ならば、中学生の頃には出来なかったことにチャレンジしてみるのもいいですよ。

それは、アルバイトです。

高校の中には「アルバイト禁止」のところもあるので、そういった場合は無理ですが、アルバイトが可能ならやってみてもいいと思います。

アルバイトの良いところは、働けば働くだけお給料がもらえるところです。

夏休みは長いのですから、それなりに稼げると思います。

そして、お金が手に入ると行動範囲が広がります。

貯めたお金で旅行だって出来るようになります。

なんだかんだで遊びにはお金が必要ですから、アルバイトは理にかなった暇つぶしになるのです。

バイトル[学生歓迎]のアルバイト情報を検索

今暇な人はこれからの人生も暇

これから大学生や社会人になると思いますが、今が暇な人はこれからも暇な人生が待っていると思います。

「これからも暇」の意味は、「休日が来る度に暇」だということです。

きっと暇な人はあまりこだわりがなかったり、趣味がない人だと思います。

すると、せっかく土日休み・夏休み・ゴールデンウィークが到来しても、ほとんど寝て過ごしたり、「暇だ~」と思いながらも何もしない生活をしてしまいがちです。

だからこそ、高校生のうちに自分なりの暇つぶし方法や趣味を確立するといいと思います。

散歩やジョギング、サイクリングでもいいでしょう。

暇な時に「これをしよう!」というものを作るのです。

他にも、

  • ゲオ・ツタヤで映画を借りまくる
  • カフェで本を読む
  • 写真を撮る
  • 筋トレ
  • 評判のラーメンを食べに行く
  • マンガ喫茶に行く

など、なんでもいいのです。

自分が義務感で動くのではなく、本心から「楽しい!やりたい!」と思える娯楽を作るのです。

実際に行動してみなければ何が自分にとって楽しいことか分からないのですが、色々と経験することで一生ものの趣味を見つけましょう。

高2なら大学受験も考えてみて

もし現在高校2年生なら、来年に向けて大学受験の勉強も考えてみてください。

大学受験は想像よりも大変です。

高校受験の時とはレベルが違います。

だからこそ、時間がある夏休みの間で勉強のクセを付けてみましょう。

1日2~3時間勉強するだけでも将来の自分に投資することになり、周囲よりも有利に受験勉強を進められるようになるかもしれません。

暇なら自分のためになることをしてみましょう。

夏休みが終わった時に「今年の夏はこんなことをして充実してたな!」と思えたらいいですね。

Sponsored Link

フォローする