クリスマスや年末年始が過ぎ、お正月(三が日)が終わり寂しい…。その理由と対処法を考えて、また新たな一歩を歩き出す。

どうしてでしょう?

毎年、新しい年を迎えて、お正月が去っていくとなんだか寂しい気持ちになるんです。

喪失感と言いますか…

不安と言いますか…

そこで、どうして私はこんなネガティブな気持ちになってしまうのか?どうしたらこれから楽しい毎日を過ごせるようになるのか?について考えていきたいと思います。

私がお正月終わりに寂しくなる理由

まず最初に、どうして寂しい気持ちになるのかについて考えてみることにしました。

去年12月に入った時は、“クリスマス”や“お正月”が待ち遠しかった

クリスマスが終わって26日、寂しさの第一波がやってくる

でもまだお正月のテレビ特番が楽しみで何とか寂しさに持ちこたえることが出来た

ニュースでは福袋に群がるお客さんたち。それを見て「賑やかでいいな」とワクワク

お正月のワイワイ盛り上がっている特番も終わり、寂しさの第二波がやってくる

「これからどんな年になっていくのだろう…」と虚無感

特に楽しみなこと、特別な希望もあるわけではなく、「またいつも通りの平凡な毎日が始まってしまうんだ」と現実に引き戻されてしまう感じが嫌⇒色々と考えてしまうことによって、寂しさの第三波がやってくる

私はこのような経緯で寂しくなっていくことが分かりました。

他の人の、寂しくなる理由を考察

しかし私とは違った理由で寂しくなる人もいると思います。

それについて考えてみることにします。

独身

私も独身ですが、まだ比較的若いということもあり、危機感はまだありません。

しかし、きっとこのまま年を重ねていってしまうと、かなり寂しい気持ちになるんだろうなと思います。

また、年末年始は、

  • 初売り
  • 初詣
  • 里帰りによる渋滞ニュース

など、家族で楽しむイベントごとも多いです。

世間とは離れた場所にいる自分…

このようなことを考えるとたちまち寂しくなるのだと思います。

実家から自宅へ戻って

お正月は実家に帰って過ごす人も多いかと思います。

しかし、休みも終わり、またいつもの自宅へ戻った時には“親とのしばしのお別れ”に寂しさを感じるのではないでしょうか?

仕事が冬期休暇に入った時にはもう寂しさが来ている

普段は会社勤めで色んな人とコミュニケーションも取れ、それなりに充実感を味わえています。

しかし、休みに入ると強制的に人と会えなくなってしまいます。

それによって、「あ~、早く仕事始まらないかな。人と会いたい」と思ってしまうこともあるでしょう。

冬休み、冬期休暇だからって友達と会えるとは限らない。会えなかった時の寂しさ…

「よし、仕事(学校)も終わったし、久しぶりに友達と会うか!」

そう思っても、年末年始は色々と予定が入りやすいです。

誘ったところで周りの友達の予定が空いているとも限りません。

「今年の年末も友達に会えなかった…」

そうして特に何も楽しいことがなかった時の正月を振り返ると、虚しい気持ちになるかもしれません。

特に将来やりたいことがないことに気付く

年の初めは様々なことを考えます。

「今年はどんな年にしようか」と。

しかし、

「きっと去年と同じような年になるんだろうな…」

「いつも通りの生活が待っているだけ」

こうして現実を直視することとなり、特に将来の希望がない自分に寂しくなってしまうのです。

これからどうしたらいいのか?(切実)

では、これらの“寂しさ”にどうやって立ち向かっていけばいいのでしょうか?

私はこう思います。

「小さいことでもいいので目標を持つ」

例えば、

  • 今年こそはスカイツリーに登るぞ!
  • 新しい趣味を見つける!
  • ゴールデンウィークまでにお金を貯めてどこか旅行に行く!

などです。

人は漠然とした道を進んでいるだけだと、刺激が無さ過ぎて充実感が得られないんじゃないかなと思います。

逆に希望や目標があれば、進むべき道が明確なので不安なく進んでいけると思います。

もし、寂しい気持ちに襲われていたら、何か今年の目標を見つけてみてはどうでしょうか?

Sponsored Link

フォローする