出っ歯の裏側矯正!親知らずの抜歯やレントゲンを行った。その時の費用や痛み、期間についてブログで紹介。

私の出っ歯の原因は指のおしゃぶりだった。顎なし出っ歯にならないために

②当記事

出っ歯の治療は矯正が効果あり!治し方はワイヤーが一般的だけど、そこには痛みや虫歯、口内炎など試練がありました。

出っ歯の歯列矯正はゴムかけに突入!その期間や効果、意味について。痛みはないけど食事が面倒に!今はリテーナーをしているけどいつまですればいいのか?

私は高校生1年生の7月に歯医者に矯正を申し込みました。

私の場合はいきなり矯正の器具を付けるのではなく、親知らずの抜歯などを行ったり、歯の裏側から矯正を始めたりしました。

ここでは、矯正のスタートから歯の裏側の矯正が終わるまでを書いていきたいと思います。

7月に申込み!歯の矯正にかかる全ての費用を紹介

さっそくですが最初に、矯正にかかった費用をすべて紹介します。

なお、矯正の仕方や歯医者によって費用は変わってきますので参考程度に見ておいてください。

歯の矯正費用:63万円

これは一括支払いか分割か選べました。

この費用に含まれているのは、

  • レントゲン
  • 歯の型取り
  • 器具

などです。

毎月矯正器具の点検にかかる費用:5,250円×29ヶ月分=約15万円

歯の矯正を始めると、月に1~2回歯医者に通うようになります。

私の場合、矯正器具を使った矯正は29ヶ月間かかりました。

毎月何をするかというと、

  • ワイヤーの交換
  • 歯が動いているかの確認
  • 歯のクリーニング

などです。

親知らずの抜歯:4,500円×4本=18,000円

歯の矯正をする上で親知らずが邪魔だったので、抜きました。

1本抜くのに4,500円かかりました。

上記を合計するとだいたい80万円ということになります。

高いですよね。

まずはレントゲン!写真!歯型!

歯の矯正をする準備段階を紹介します。

レントゲン

歯の状態を知るためにレントゲンを撮りました。

この時に親知らずが見つかり、抜くことになりました。

写真

レントゲンだけではなく、歯の写真も撮りました。

口を大きく開ける道具を使ってグイーンと開け、鏡を口の中に入れて、鏡経由で歯の写真を撮りました。

歯型

これは矯正器具を付けるためには必要な作業です。

型を取りました。

親知らずを抜くことに

矯正器具を付ける前にまず、邪魔な親知らずを抜くことになりました。

上下左右、全部で4本です。

だいたい1ヶ月~2ヶ月で全部抜き終わりました。

歯医者さん曰く、「歯を一気に抜くと体力的にも良くない」とのことでした。

詳しい理由としては、

  • 歯を抜くと出血する
  • 麻酔をする度に体に負担がかかる
  • 腫れるため普段の生活に支障が出る(もし一気に全部抜くとかなりの支障が出る)

が考えられます。

実際私も1本抜くごとにほっぺたが腫れ、学校に行く時はマスクをして通っていました。

腫れは長い時は1週間くらい続きました。

ご飯を食べる時は、口を開けるのに違和感があってちょっと大変でした。

ついに裏側矯正開始!

12月、上の歯の裏側に矯正器具を付けました。

私の場合は上の前歯2本だけが出っ歯でしたので、まずは裏側からその前歯を内側に引っ張ろうとしたのです。

裏側矯正が終わったのはこれから6ヶ月後でした。

また、その間月に2回ほど歯医者に通っていました。

1回だけ「器具の奥歯側に引っ掛ける部分」が肉に食い込んで痛いことがありましたが、それは歯医者に言えば改善出来ましたし、それ以外は特に異常なく進みました。

つづく

出っ歯の治療は矯正が効果あり!治し方はワイヤーが一般的だけど、そこには痛みや虫歯、口内炎など試練がありました。

Sponsored Link

フォローする