錦織圭&松岡修造vsとんねるず&マイケル・チャン&アンドレ・アガシの試合内容と勝敗結果(スコア)。「夢対決2015とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」1月2日放送

本日放送されていた番組「夢対決2015とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」に、2014年に大活躍した錦織圭選手が出ていました。

また、途中から伝説のテニスプレーヤーが出てきたりと史上最高のテニス対決でした。

それでは、その試合内容や結果などについて書いていきたいと思います。

これまでのおさらいととんねるずの準備

錦織圭選手の順位について

錦織圭選手は、

2010年56位

2011年24位

2012年15位

2013年11位

と着々とランキングを上げてきました。

2014年にはジョコビッチ倒し、ATPワールドツアーファイナルズにアジア勢初で出場、ベスト4に輝きました。

そして、ランキングは世界ランク5位で2014年を終えました。

とんねるずの特訓

石橋貴明は53歳。

木梨憲武は52歳。

2人は今回の試合のために、8ヶ月の猛特訓をしていました。

会場

会場は有明コロシアム。

サーフェスはATPワールドツアーファイナルズと同じハードコートです。

錦織圭とマイケル・チャンの出会いはこの番組だった

なんとマイケル・チャンと錦織圭が出会ったきっかけは2012年1月に放送された「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」でした。

ただ、新聞には親善試合で出会ったと書いてあったようです。

新聞側も「とんねるずの番組がきっかけ」とは書けなかったようですね。

親善試合よりも先にこの番組の収録があったのですから、本当のようです。

ルール

  • 6ゲーム先取の3セットマッチ
  • 3対2(とんねるず&マイケル・チャンvs錦織圭&松岡修造)
  • サーブの順番は自由

第1セット

錦織&松岡ペアは例年通り強かった

最初は石橋貴明が錦織圭のリターンを空振りしたり、ボールをネットにかけて「これは圧倒的なのか?」と思っていました。

しかし、途中からマイケル・チャンのコースをついたスマッシュや、石橋の深いスマッシュが決まり、第1ゲームはとんねるず&マイケル・チャンが制しました。

ただ、それ以降は錦織&松岡ペアが完璧にペースをつかみ、スコアは、

錦織&松岡4-1とんねるず&マイケル・チャン

に。

最初の秘策「二刀流」

そこでとんねるずが秘策を出してきました。

6ゲーム目は木梨がラケットの二刀流を始めたのです。

すると2ポイント連続で木梨が決めました。

しかし、その後は木梨自信がラケットの使い分けが出来ずに混乱し失点。

すぐに1本に戻していました。

石橋の「ダウンザライン」宣言

突然石橋が、「ダウンザラインを狙う!」と言い始めました。

※ダウンザライン:ストレートにショットを決めること

最初の何度かは失敗しましたが、狙い続け、ついに石橋は松岡修造のサーブをキレイにダウンザラインで決めたのです。

これはうまかったです。

しかし第6ゲームも錦織&松岡ペアが取りました。

スコア5-1で錦織&松岡ペア優勢。次の秘策は「ネット移動」

「ボールを怖がっていてはダメだ!」

マイケル・チャンはとんねるずに言いました。

第1セットが追い詰められていたためです。

すると、とんねるずはさらなる秘策「ネット移動」を繰り出しました。

ネット移動とは、ネットをとんねるず側に移動させることです。

これによって、とんねるずの打ち返せる面積が1.5倍、さらに自分たちの守る面積が少なくなります。

これは、それなりにとんねるず側に有利になりました。

しかし、最終的には錦織圭のボレーやスマッシュが決まったり、ラケットを逆に持ってグリップ部分でボレーするなどの珍プレーによって、第1セットは錦織&松岡ペアが6-1で勝利。

第2セット

アガシ参戦

ネットは通常の状態に戻りました。

そして第2セットからは、なんと伝説の選手「アンドレ・アガシ」がとんねるずサイドに参戦してきました!

マイケル・チャンとアンドレ・アガシがコートの後ろに構え、石橋と木梨はネット際に立って勝負です。

というより第1ゲームはとんねるずはネットの端に隠れてるだけでした。

チャン&アガシvs錦織&松岡の勝負です。

アンドレ・アガシは、

  • 鋭いリターン
  • 早いタイミングで打ち返すライジングショット
  • 鋭いバックショット

を披露しました。

また、4人ボレーを見せてくれたりと非常に会場を沸かせてくれました。

そして第1ゲームはとんねるず側が取りました。

とんねるず側の優勢続く!と思いきや…

アガシが加わったことで、かなりとんねるず側の力が増加したように感じます。

また、アガシの米国のコメディ性も加わり試合が楽しくなりました。

第2ゲームもとんねるず側が取り、錦織&松岡ペアは劣勢に立たされました。

しかしアガシがボールをわざと空振りしたり、石橋に「カモン!!」というデカい声援を連発することでとんねるずが困惑。

プレーに響き、スコアはあっという間に2-2に。

さらに錦織&松岡ペアが試合の流れを掴み、5-3ととんねるずペアを引き離しました。

第9ゲーム!これを落としたら負けるとんねるず。最後の秘策「石橋チャレンジ」召喚!

完全に追い詰められた、とんねるず&チャン&アガシチーム。

そこで石橋が最後の秘策を出してきました。

それは「石橋チャレンジ」

去年までは石橋が「修造チャレンジ」の生徒を用意していました。

しかし、今年は石橋が事前に小中学生3人の女子を用意していたのです。

この子たちは、大会優勝、2位などの実績を持っているすごい人たちです。

とんねるず(2人)&チャン&アガシ&石橋チャレンジ(3人)

vs

錦織&松岡

です。

【7人vs2人】という展開。

とんねるず側は、

  • アガシの超アングルバックショット
  • 石橋のコースをついたボレー
  • 石橋チャレンジの子たちの的確なラリー

などによって、奮闘しました。

対して錦織&松岡ペアは、

  • 粘り強いプレー
  • 錦織の、子供にも厳しいセンターを狙ったサービスエース

などによって強さを見せつけてくれました。

子供たちがミスをした時には松岡修造が「これが世界だ!」と熱く叫んでいました。

非常に印象的でした。

最終的には石橋のボレーがサイドアウトしてしまい、錦織&松岡ペアが勝利しました。

結果

第1セット…1-6で錦織&松岡ペア勝利

第2セット…3-6で錦織&松岡ペア勝利

こうして2015年の試合は幕を閉じました。

これで【とんねるずvs錦織&松岡】の戦いは、5年連続で錦織&松岡の勝利となりました。

最後に石橋さんは錦織選手に、

「来年はグランドスラムの勝者として戻ってきてほしい。ただ、1回だけ女の子に強いサーブを打ったのはダメだぞ」というコメントをしていました。

去年は日本中から注目を浴びた錦織圭選手。

そして2015年は1月にさっそく全豪オープンが控えています。

全豪オープンは1月19日に始まり、今年はWOWOWに入会していなくともNHKで観ることが出来ます。

絶対応援しましょう!

Sponsored Link

フォローする