【2015年恵方巻き】方角の決め方や意味、由来、食べ方について。日にちはいつか?

今年も恵方巻きの季節がやってきます。

しかし、毎年食べる時に向く方角が変わってくるのでちょっぴり厄介。

そこで、ここでは恵方巻きに関することをまとめてみようと思います。

2015年、恵方巻きを食べる日にちは2月3日!

2015年の恵方巻きを食べる日にちは2月3日です。

ちなみにこの日にちは固定ではないので、今後変わります。

日にちが固定でない理由は立春の日が固定でないから

もともと“節分”というのは、“季節の区切り”を意味し、立春・立夏・立秋・立冬の前の日は“節分”と呼ばれています。

その中でも立春は、旧暦でいうところの新年の始まりだったので、その前日の節分の日は今のようなイベント事(大晦日みたいな)になっているのです。

また、立春は年によって変わるので、節分の日程もそれによって変わります。

(2021年は、節分が2月2日になります)

2015年の恵方巻きの方角は西南西

2015年は「西南西」を向いて恵方巻きを食べましょう。

だいたいベランダは日当たりの良い南を向いているので、ベランダ向いてまあまあ右見ればいいと思います。

2015年恵方巻き方角食べ方由来具材の意味

恵方巻きの食べ方

  • 恵方巻きは1人でひとつ食べる
  • その年に決められた方角を向きながら、何も言わずに食べきる

です。

願い事をしながら食べましょう。

方角の意味や決め方について

その方角には神(歳徳神(としとくじん))がいる

恵方巻きを食べる時に向く方角というのは、その方向に縁起の良い神(歳徳神)がいるということです。

歳徳神とは、その年の福を持った神のことです。

方角の決め方がややこしい

恵方は「十干(じっかん)」が使われる

(少し話を脱線

日本で「干支(えと)」と言うと、「十二支」のことを指すと思いますが、そもそもそこから違います。

「干支」とは、「十二支」と「十干」を組み合わせた60個の値です。)

さて、「十干」とは、

甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

のこと。

読み方は複数あり、それぞれ方角(全部で4方向)が決まっています。

甲(こう、きのえ)→東北東

乙(おつ、きのと)西南西

丙(へい、ひのえ)南南東

丁(てい、ひのと)北北西

戊(ぼ、つちのえ)南南東

己(き、つちのと)→東北東

庚(こう、かのえ)西南西

辛(しん、かのと)南南東

壬(じん、みずのえ)北北西

癸(き、みずのと)南南東

今年は干支(60個の値)でいうところの“どれか”を確かめる

本来の干支は60個の値からなります。

どのようなものかというと、

1.甲子 2.乙丑 3.丙寅 ~ 59.壬戌 60.癸亥

というように、2つの漢字からなり、前が「十干」、後が「十二支」の組み合わせです。

60個あるので、60周期で回ってきます。

さて、今年は干支でいうとどれに当てはまるかを考えます。

すると、2015年⇒乙未(きのとひつじ)

※西暦を60で割って、35余る年が乙未です。例…1955年、2015年、2075年 等

乙未なので、乙(十干)の方角を確認します。

乙(おつ、きのと)西南西

なので、2015年は西南西だと言うことが分かります。

もっと早く方角を知る方法

  • 2つで組み合わさった漢字のうち、前の十干だけが方角に関係してくる
  • その十干は文字通り10周期で回ってくる

ということから、上記のように複雑に考えなくとも方角は分かります。

西暦の1ケタの数字を見て、

  • 0・5→西南西
  • 1・3・6・8・→南南東
  • 2・7→北北西
  • 4・9→東北東

と確認しましょう。

2015年なら西南西ということですね。

恵方巻きを食べるようになった由来

もともと関西が発祥のようで、大正にはのり巻きを食べ始め、1932年、1977年には「丸かぶり寿司」としてチラシで宣伝していたよう。

やがてマスコミに「丸かぶり寿司」が取り上げられ、1989年に広島のセブンイレブンが「恵方巻き」と名前を変えて販売。

そうして1998年というごく最近になって、全国に広まっていったそうです。

バレンタインを「モロゾフ」や「メリー」が商売目的で広めたように、恵方巻きも企業が広めたのですね。

バレンタインはいつから始まったのか?なぜチョコレートを渡すのか?歴史や起源、由来について。

まぁ広まり方がどうであれ恵方巻きはおいしいので好きです。

今年もしっかり醤油つけて食べます。

Sponsored Link

フォローする