強すぎる!錦織圭選手が世界ランキングをどんどん上げている理由。その秘密や秘訣について考えた。

2014年は錦織圭選手の強さが日本、そして世界に轟いた年でした。

その理由としてはこの1年間で17位から5位にまで登りつめたこと、そして全米オープン準決勝で世界ランク1位のジョコビッチ選手に勝ったこと、上位8人しか出場が許されないATPワールドツアーファイナルズに出場しベスト4に輝いたことなどが関係しているでしょう。

そこで、ここでは錦織圭選手の強さについて考えていきたいと思います。

マイケル・チャンコーチの存在

錦織圭選手のインタビューを見ると、必ずと言っていいほどあの人の名前が挙がります。

そう。「マイケル・チャン」コーチです。

錦織選手はコーチがチャンに変わってから、テニスが飛躍的に向上したと言います。

チャンコーチの考えは「上位の選手を尊敬などしていたら勝てない。とにかく勝つことを意識」というものだそうです。

テニスは技術の他に精神力(メンタル)が非常に重要になってきます。

気持ちで負けているとプレーに反映されてきてしまいますから。

こうしたチャンコーチの厳しい練習を積み重ねることで、格上の相手にも勝利できるようになったのです。

誰にも負けないストローク

錦織選手のストロークは世界トップクラスなのは素人が見ても分かると思います。

今は4強と呼ばれていた、

  • フェデラー
  • ナダル
  • ジョコビッチ
  • マレー

の力の均衡は崩れ、新たな若い選手たちが次々と現れています。

錦織選手は、

ATPワールドツアーファイナルズの1試合目で、今まで一度も勝ったことのなかったアンディ・マレー選手にストレートで勝ちました。

さらに、ファイナルズでジョコビッチ選手と試合をした時は、負けはしましたが内容では完全にジョコビッチを封じていました。

それだけトップ選手に何もさせないストロークを持っているんですね。

特にスイングの速さと力は凄まじく、相手の裏をかき、どんどんテンポが速くなりながらエースを取りに行きます。

見てて惚れ惚れするほどです。

コートを広く使う技術

錦織圭選手はなにもストロークだけが武器なのではありません。

絶妙な高さのロブショットや、相手のふいをついたドロップショット(ネット際にボールを落とすショット)がうまいです。

こうした引き出しの多さを見ていると、まるでフェデラーのようだと感じます。

あちこちに揺さぶるテニスは相手を混乱させるので、相手にとっては予想しずらく戦いにくいでしょう。

次世代の攻めるテニス

錦織選手はストロークの戦いになればなるほど、自分のリズムで戦えるようになります。

そしてゾーンに入った時の強さといったらハンパではありませんね。

どんどんとコートの内側に入っていくと同時にラリーのテンポも速くなります。

もう相手はそんなラリーについていけなくなります。

次世代のテニス。相手を封じるテニスです。

松岡修造さん曰はく、このようなテニスは世界で錦織圭選手しか出来ないと言います。

かなりカッコいいですね!

来年の1月には全豪オープンが待っています。

そして、今回はNHKで放送されます。

これはすごいことです。

今まではWOWOWでしか見れなかったのですから!

2015年は錦織選手にとって、どんな年になるのでしょうか。

一生懸命応援しましょう!!!

テニスの試合はメンタルが弱くて負ける…。克服する方法は?いつまでもプレッシャーに勝てないのはミスを考えるからだ!

テニスを今より一段階上達させるための本・雑誌・DVDおすすめ一覧。

身長・背の低い人が速いフラットサーブを打ちたいと思ったら。コツや練習方法について。

Sponsored Link

フォローする