アラサーの独身になり自分を売れ残りと判断した時にするべき3つの確認

「本当はもっと早く結婚しようと思っていたのに…」

「周りのみんなはもう結婚して子供もいるのに、自分は何やってんだろ…?」

このように考え始めたら末期です。

現状を変えるために何かを始めないと、後になって後悔と精神的苦痛が待っています。

孤独…

さて、アラサーにもなって彼氏・彼女もいないと危機感を感じますよね。

「もしかして売れ残った…?」と思い始めたら、3つの確認を実行してみましょう。

自分はいくつのコミュニティに属しているのか確認

あなたは今現在、いくつのコミュニティに属していますか?

  • 職場?
  • 地元の友達関係?
  • 時には合コンもしてる?

あまりにもこのコミュニティが少ないと、必然的に異性と出会う確率が下がります。

このままでは一生売れ残りのまま人生を終了してしまいます。

また、他人はタダであなたのサポートなどしてくれません。

自分の現状は自分で変えていくしかないのです。

最近身だしなみに気を使っているか確認

最近新しい服を買ったり、ファッションを勉強したりしていますか?

もしこうした身だしなみに気を使っていないのなら危険です。

周りの目を気にしない=異性と出会う機会がない or 恋人を作る気がない

です。

いくら「恋人がほしい」と思っていても行動に表れていないのなら意味をなさないのです。

婚活したいか確認

「婚活サイトはあるけど、わざわざそんなもの使いたくない」

このように思っている人は案外多いでしょう。

なんだかこうしたものを使うのは、不自然でなりません。

しかし、他に出会いの場があるのでしょうか?

街コンですか?合コンですか?

あのような場所では、すでに恋人がいるのに参加してくる遊び半分の人もいます。

また、このようなコンパから恋愛に発展させるのは難しいです。

なぜなら、本気でない人も交じっているから。

しかし、婚活サイトならば有料なため本気の人が圧倒的に多く集まっています。

すぐに恋愛に発展しやすいのです。

ではこの“有料”の部分をどう見るか?

恋愛はお金でするものではありませんが、この有料の部分は恋愛に払っているのではありません。

どちらかというと時間を買うために支払っています。

本気度の薄い街コンや合コンに参加して時間を浪費するよりも、本気度の高い婚活で良い人に会えるまでの時間を短縮しているのです。

結局のところ、出会いの場に参加するためには、街コン・合コンだろうと婚活サイト経由だろうと参加費は発生します。

それならば婚活の濃い時間を買うためにお金を使うべきです。

婚活サイト

孤独が辛いアラサー、アラフォーの対処法・対策・解決策

早く結婚したいけど相手がいないアラサーの対処法

Sponsored Link

フォローする