早く結婚したいけど相手がいないアラサーの対処法

アラサーは年齢的にまだまだ若いですが、この年齢にもなると周りの友人たちは結婚をし始めたりします。

また、結婚願望があるのなら少しずつ焦り始めますよね。

いったいどうしたら良いのでしょうか?

将来的に結婚をしたいのなら早く相手を見つける努力をしたほうがいい

もし、

  • 将来は結婚したいと思っている
  • 家族を作って暮らしたい

といった願望を持っているのなら、後回しにせず早い段階から動き始めたほうがいいと思います。

というのも、アラサーが最も積極的に婚活をしているからです。

実際はいつからでも婚活をすることは出来ますが、そもそも婚活は相手がいて初めて成立するものです。

例えば、アラフォーになって焦り始めて婚活をしても、そもそも相手の絶対数が少ないので運命の人と巡り合える確率は下がります。

また、良い人はすぐに結婚してしまうので、年齢が後になるほど自分に合った人とは出会いにくい。

私は「婚活」という言葉は嫌いですが、「いい人探し」としていろいろなきっかけに飛び込んでいく必要はあると思います。

低収入の男性も気にせず行動するべき

「俺は低収入だから誰からも相手にされないかも…」

やはり男としては収入を気にするのは分かります。

しかし、高収入だからいいという訳でもありません。

高収入だと金目当ての女性がわんさか寄ってきて、めちゃめちゃになる可能性もあります。

しかし、低収入だとしても愛してくれる人が現れてくれたらそれは本物です。

人間性を見てくれたということなのですから。

もっと人間としての自分をアピールするべき。

女性は早めに行動するべき理由

もし結婚願望があるのなら、女性はなるべく早く行動するべきです。

なぜなら男性とは残酷で、若い女性に引き寄せられる傾向にあるからです。

例えばこんな話を聞いたことがあります。

「アラフォーになって婚活しているけど、若い子ばかりをターゲットにしている男がいて婚活にならなかった」

おっさんで若い子ばかり狙っていたとしたら、身の程を知らない浅はかな男なのでむしろこちらからお断りですが、多少なりともこうした傾向があるのですね。

もちろん年上の女性が好きな人もいます。

しかしそれにも限界があります。

有利な時に、しっかりと相手を見つけておくのは大事なことです。

それこそ「自分の人生は自分で掴み取る」ということ。

相手がいないのは狭い世界の中で生きているから

「アラサーにもなって相手がいないんだよね」

「恋人欲しいけど出来ない…」

そりゃそうです。

毎日起きたら仕事して、帰ってきたら寝ての繰り返し。休日になっても特別真新しいことはせず、家でゴロゴロ。

単純に異性と出会えそうな場所に飛び込まなければ、一生同じ悩みを持つはめになります。

恋人が出来る人は、容赦なく出会いの世界に参加します。

そして何人ともデートを重ねます。

このように、自らチャンスを作り出しているのです。

アラサーであれば、「結婚したい」「恋人がほしい」と思っている人はかなりの数がいます。

市場価値が高いうちにベターな恋人を見つけましょう。

婚活サイト

孤独が辛いアラサー、アラフォーの対処法・対策・解決策

アラサーの独身になり自分を売れ残りと判断した時にするべき3つの確認

Sponsored Link

フォローする