身長・背の低い人が速いフラットサーブを打ちたいと思ったら。コツや練習方法について。

フラットサーブは背の高い選手にとっては圧倒的な武器になるショットです。

高いところから打ち下ろされたサーブは通常よりもバウンドし、抑え込んで打ち返すのが難しいほどです。

ただ、フラットサーブは誰でも打てるのかと言ったら、そうではありません。

無回転の高速サーブなだけに、背が低ければとても打ちにくいです。

しかし、

「背が低いからフラットサーブは打たない」

と、自分からサーブのバリエーションを減らすのはもったいないです。

そこで、私がフラットサーブを打つ時に心掛けていることを書いていきたいと思います。

テニスが全然上達しない人のためのサイト

背が低い人はサーブに苦手意識がないか?

背の低い人は高い人に比べると、思い切って打っても入る確率が低いです。

「背の高い人のほうがサーブは有利」

世間一般ではこういったことが言われているので、相対的に背の低い人はサーブに苦手意識を持ってしまいがちです。

気持ちで引いてしまうと、どうしてもサーブの打点が後ろになってしまいます。

トスの時点で少しでも「不安」と思ってしまうと、ボールに思い通りに力が伝わらず、コントロールが出来なくなってしまいます。

それが、ネットやフォルトの原因なのです。

打点が後ろ気味になってしまってはいないか?

背が低い人というのは、サーブを入れたい気持ちから回転を多くかけて山なり気味に打とうとします。

そのためか、打点を真上かやや後ろ気味にするクセがついている人がいます。

サーブによってはそうなることもありますが、フラットの場合はそのトスでは入りづらいです。

私のフラットサーブが入らない時というのが、

気持ち的に自信がない時で、そういう時は必ずサーブの打点が真上になっています。それも無意識にです。

逆に調子が良く「入るなー」と感じる時は、

攻める気持ちになっている時で、そういう時は必ず打点が前のほうに移動しています。

フラットサーブは打点を前にしたほうが、ボールとネットの距離が近くなって、その分サーブも入りやすくなります。

フラットサーブを打つ時は、トスを前気味に上げることを意識して、そのボールに飛びつくくらいなイメージで打ってみてください。

ジャンプして強制的に打点を高くする

あまりにもジャンプをし過ぎてはバランスを崩して逆効果になってしまいますが、やはり高さは必要です。

トスを前に調整したら、次は高い打点でボールを捉えられるようにジャンプします。

もちろん、ジャンプ前はひざを軽く曲げ、しっかりとタメを作ります。

また、インパクト時はしっかりとプロネーションを意識しましょう。

(プロネーションとはうちわであおぐ時の動作です。この動きでボールをひっぱたきます)

もし、これでフラットサーブが入らなかったとしても、少しアレンジして回転などを加えれば、それだけでフラット気味のスライスサーブが打てるようになります。

どんなサーブでも威力を付けたいのならば、自分の体重を生かす必要があります。

そのためには、打点を前にすることは必須です。

もし、どんな時もトスが真上になってしまう人がいたとしたら、これからテニスをする上で「前に」と意識を付け足してはいかがでしょう?

実際に見て評価!私がおすすめするテニスDVD教材はコレだ!

テニスが全然上達しない人のためのサイト

Sponsored Link

フォローする