男が気になるすね毛とへそ周り(ギャランドゥ)はケノンで撃退できる!

メンズ脱毛

男性で脱毛したい部位と言えば、代表格は「ひげ」ですが、その他にもすね毛やヘソ周り・腹毛(ギャランドゥ)も気になっている人は多いのではないでしょうか?私(35歳・男)もその1人です。

 

海外であれば、体毛が濃いほうが男らしいようですが、日本はそんなことはなく、あまりにも毛深いと女性から不潔だと思われてしまいます。

 

特に私は毛が濃いので、本当に悩んでいました。

 

そこで今回は、私がケノンを使い始めたきっかけや、実際に使って感じた効果、注意点などを紹介していけたらと思います。同じ悩みを持っている方がいたら、参考にしてみてください。

なぜケノンを使おうと思ったのか?

私はもともと全身の体毛がかなり濃い体質でした。父親も毛深かったので、毛が濃いのは遺伝です。

 

ここまで剛毛だと、1万円程度の安価な家庭用脱毛器を使ってもどうにもならないと思っていました。

 

それで何か良い家庭用脱毛器はないかと探していると、評判が高い「ケノン」というフラッシュ脱毛器を見つけました。

 

脱毛クリニックなども行こうか考えましたが、予約を入れたり病院まで通うのが面倒くさかったので、自宅でできるケノンを選びました。

すね毛とへそ周り(ギャランドゥ)にケノンを使った感想

私がケノンを買って重点的に脱毛処理をした箇所は、すね毛とへそ周り(ギャランドゥ)です。

 

先程も言った通り私は剛毛なので、照射レベルはマックスにして、半年くらい続けていたら、徐々に体毛が薄くなっていくのを感じました

 

中には毎日やったりする人もいるようですが、私はすぐに結果を出そうとせずに、多少間をあけて利用していました。その理由は、脱毛してキレイになりたいのに、肌を傷めてしまっては意味がないと思っていたからです。

 

また、毛には毛周期というものがありますから、焦らず、長い目で見てケノンを使うようにしていました。

ケノンのメリットとデメリット

メリット

ケノンを買って良かったと思ったのは、これを使ったお陰で、想像以上に簡単にムダ毛処理ができたことです。

 

ケノンを使う前は、毛抜きや除毛クリームなどでいくら脱毛をしてもすぐにムダ毛が生えてきて困っていました。しかし、ケノンで繰り返し脱毛処理をしていたら、ムダ毛は生えにくくなってきました。

 

値段が高いだけはあると思いました。

デメリット

ケノンのデメリットは、やはりカートリッジの価格が高い点です。

 

ケノンは一度買えば無限に脱毛処理ができるわけではなく、一定回数使用すると、カートリッジに寿命が来ます。

 

具体的には、一番照射の威力が高いレベル10なら1万発は照射できます。(レベル1なら20万発)

 

1つのカートリッジでけっこうな回数を照射できるので、頻繁に交換することはありませんが、交換するとなると、カートリッジ1つで7,700~9,800円するので大きな出費になります

まとめ

購入前は本当に効果が出てくれるのか不安もありましたが、続けていれば効果が現れてくれたので良かったと思っています。

 

また、ムダ毛処理をする回数も減り、毎日体毛を気にすることもなくなったので、生活が楽になりました。