お花見デートのさりげない誘い方。誘う理由は「相手の利益になること」にする。

お花見のシーズン到来です。

キレイな桜が咲く季節には、好きな人と一緒に桜舞う道を歩きたいと思いますよね。

しかし誘うとなると何て言えばいいのか分からないと思います。

そこで、ここではどうしたら意中の相手をお花見デートに誘えるかを考えていきたいと思います。

ストレートは避ける

まず、お花見を誘う時は「花見をしにいかない?」とストレートには言わないほうがいいと思います。

なぜなら相手を不安にさせてしまうからです。

花見のイメージってどんなものでしょうか?

  • 一緒にレジャーシートを敷いてゆったり桜を見る
  • 信頼関係がなければ間がもたなそう
  • 沈黙が耐えられないとキツそう

もしまだお付き合いしていない人を誘う場合は、花見はハードルがちょいと高めなのです。

だからこそストレートに言うのを止めて、「ついでに花見もどう?」といった感じで伝えましょう。

相手の利益になる理由を持ちかける

相手がデートのお誘いに乗るかは、“相手にとってデートが利益となりうるか”にかかっているでしょう。

「この人とデートに行かなきゃいけないの…?」

ではなく、

「それだったら行ってもいいかも」

と思わせるのです。

そのためには、相手がどんなことが好きかを知っておく必要があります。

例えば、

  • 食べるのが好きなら花見会場近くのおいしい飲食店を探しておく
  • アウトドアが好きなら花見近くでドライブデートをしてみる
  • 「おごってあげるから行かない?」でもいいと思います。

相手をワクワクさせる何かをちらつかせてみましょう。

当日は桜を猛烈アピールして花見につなげる

やはり最終目的は“お花見をすること”です。

当日は「あそこの桜がものすごくキレイらしいよ!」とアピールしましょう。

  • どんな種類の桜があるのか?
  • どのあたりが見応えがあるのか?
  • キレイな写真が撮れるスポットはどこにあるのか?

など、相手が「行ってみたい」と思ってくれるような情報を教えてあげましょう。

そうすることで自然と桜を見に行くことが出来ます。

また、桜を見ている時にサッと「じゃがりこ」や「ポッキー」などのお手軽お菓子を出してあげるのです。

相手に聞く前に袋を開けて「食べる?」と聞いてあげれば良いサービスになります。

お菓子を食べることで間が持つので、無理に話をする必要もなくなり、変に気を使うことなく花見をすることが出来るでしょう。

春は心機一転、新たな恋が始まる季節でもあります。

お花見デートでスタートダッシュを決めましょう!

恋のターニングポイント~あなたの恋愛を成就させる究極のロードマップ~

恋活おすすめサービス

恋活おすすめサービス

私の周りでもカップル誕生のpairs

pairs

ペアーズは利用者数が多いので、マッチング率が高いです。これまで出会いがなかったあなたも、異性とデートをすることが出来ます。楽しい時間を過ごしながら、気の合う恋人を作りましょう。

※女性は利用料無料!

公式サイト⇒pairs

我流!ペアーズの上手な使い方とコツ

ひとりNGな相席屋の潜入レポート!口コミ・デメリットをブログでご紹介!

彼氏・彼女が欲しい時に便利なアプリを紹介!

Sponsored Link

フォローする