テニスの試合はメンタルが弱くて負ける…。克服する方法は?いつまでもプレッシャーに勝てないのはミスを考えるからだ!

あなたは「試合で全然力が出せない」と悩んでいませんか?

でも、練習ではうまい方ではないですか?

もしそうなら、あと必要なものは勇気だけですよ。

ここでは、どうやったら試合でも練習の時のようにボールが打てるようになるのかについて書いていきたいと思います。

テニスが全然上達しない人のためのサイト

練習と試合の違い

「練習の時は安定したラリーが出来るし、思い切った攻めも出来る。みんなからも「うまい」と言われる。でも試合になると練習通りにならない…」

こういう人は結構いるんじゃないでしょうか?

これはとてももったいない。

もし、練習通りに打てればかなり強いのですから。

では、どうして試合になると打てなくなるのでしょう?

それは、練習と試合はまったく別物だからです。

練習には利害関係がなく、どちらかがミスをしてもまたすぐに新しいボールでテニスを始められますよね。

しかし、試合は違います。

ミスをすれば自分が不利になる。

だからミスをしないようにしたい。

緊張状態で思い切った攻めをすればミスする可能性が高くなる。

攻めることが出来ず、全然いい球が打ち返せない

まったくといっていいほど、練習とは状況が違うのです。

いつもは安定していてミスが少ないだけに、試合でも安全策を取ろうとします。

そんな中で常にプレッシャーにさらされれば、その状況に慣れていない人であれば普段通りになどいられません。

今後いくら練習したところで、試合になれば元通りです。

練習は遊び、試合こそが本当の練習だ!

もし、試合で勝ちたければ、だたの練習ではなく、試合の練習をしなければなりません。

もし、練習で良いボールが打てているのならば、試合中にそれを打つ練習をするべきです。

今まで、

「とにかく打ち返そう。次は入れよう」

とばかり考えていませんか?

もしそうなら、ミスをするかしないかレベルで試合を進めていることになります。

それでは勝てません。

練習では攻めるボールが打てているのなら、試合中にミスを恐れず、それを思いっきり打ってみましょう。

試合を捨てるつもりでバシバシ打つのです。

これには、色々といいことがあります。

  • 自分からミスをすることに慣れる
  • 試合で「思いっきり打って自分から攻める」という意識がつく
  • 攻める時には「どこに、どんなコースで打つか」という戦略を自然と考えるようになる(少しずつ、試合展開を予想するようになる)。

これらは、自分と同じくらいの強さの相手や強い相手に当たった時に、非常に大切になることです。

練習では打てているのですから、試合で本当の練習をしましょう。

試合が強い人の試合中の頭の中

試合が強い人というのは漠然と「入れよう」などとは考えません。

「どこに打ったら相手が取りにくく、そして打ち返すコースが限定されてくるか?」

「相手をより走らせるのはどのコースか?どちらに打てば裏をかけるか?」

を試合の中で、それもあまり時間のない中で考えながら戦っています。

決して「ミスをしたくない」などとは考えません。

戦略を考え、それを実行に移した結果としてミスをすることはありますが。

自分に自信が持てるようになれば自然とこうした考えが身につくようになります。

まずは試合ではミスを覚悟で、攻めるボールをどんどん打っていきましょう。

実際に見て評価!私がおすすめするテニスDVD教材はコレだ!

テニスが全然上達しない人のためのサイト

Sponsored Link

フォローする