テニスの魅力・良さはコレ!シングルス&ダブルスの試合や観戦の楽しさをそれぞれ書いていきます。

「テニスというスポーツに出会えて良かった!!」

私は強くそう感じます。

学生時代にテニスに出会い、今でも友人と定期的にテニスを楽しんでいる私が、テニスの魅力について勝手に語っていきたいと思います。

テニスが全然上達しない人のためのサイト

テニスの魅力

ボールを叩き込む爽快感

相手から打ち返されたボールを気持ちよく「スパコーンッ!」と打ち返すことが出来ればかなりの爽快感があります。

また、サーブでも良い球を打てれば気持ちの良いものです。

打つ時の力の入れ具合、回転のかけ具合を調整してボールをコントロールするのは最高です。

コートがあれば季節を問わず出来る

悪天候の時はさすがに出来ませんが、基本的に季節を気にせずプレーすることができます。

そのため運動としてやるのもいいですね。

テニスというスポーツはカッコいい

私はそう思います。

常に真剣勝負。

コート上を走り回り、相手の裏をかいてボールを打つ。

厳しいボールが帰ってきても必死に食らいつく。

最高にカッコいいです。

シングルスの魅力

自分が主役になれる

シングルスは個人プレーです。

常にボールを打つことが出来るのでどう転がるのも自分次第。

そして主役は自分ただ1人。

そこで強さを見せ、活躍し、試合に勝てた時は自分の自身にもなり楽しくなります。

好き勝手できる

もし、チーム戦であれば相手のことを考えながら連携プレーをしなければいけません。

しかし、シングルスであれば自分の試したいことが出来、好きなようにボールを打つことが出来ます。

それだけ抱えるプレッシャーも大きくはなりますが、チーム戦が苦手な人にとってはストレスが少ないです。

勝った時の優越感がハンパない

もし、シングルスで勝てれば、それはあなたの力による勝利。

最初から最後まで戦い抜いたからこその栄光なんです。

こうした喜びを独り占めできるんです。

ダブルスの魅力

ワイワイ楽しめる

シングルスの時とは違い、嬉しい時も悔しい時も2倍になります。

お互い励まし合い、協力して戦えばどんどん盛り上がっていきます。

ダブルスっぽく連携で点が取れた時の優越感がハンパない

ダブルスは難しいんです。

甘いボールを打ってしまえば前衛に決められてしまいますし、ショットのコースもシングルスより考えなければいけません。

勝つためには連携と戦略が必要になってきます。

そんな時に、後衛のナイスなショットで相手を崩し、前衛が決めた時は爽快です。

ダブルスだからこその勝ち方ができるといいですね。

観戦の魅力

テニスを経験しているからこそ分かる、プロの異常な強さ

  • ライン上を狙ったショットで白い粉が舞う
  • 相手の裏をかいたダウンザライン
  • ここぞとばかりに素早く回り込み、逆クロスのフォアハンドを決める
  • ストロークの構えからの絶妙なドロップショット
  • 軽やかなサーブ&ボレー
  • 難しいバックのハイボレーをはたき込んで決めるショット

どれも難しいものばかりです。

それをハイレベルな戦いの中で繰り出し、決まった時の瞬間は興奮してしまいます。

こういったプレーを観るとすぐにテニスをしたくなるんですよね。

試合の流れが変わってきた時のワクワク感

テニスの試合は心理戦とも言われ、気持ちの状態が戦いに反映されます。

こうした厳しい状況の中で、どうやって流れを変えてくるのか、流れが変わるとこれからどんな戦いに変わるのか、を考えながら観ていくと面白いです。

最近は錦織圭選手の試合がとても楽しいですよね!

チャレンジシステムでより楽しくなった

もう今となってはお馴染みのチャレンジシステム。

審判の判定に不服を申し立てることが1セットの中で3回まで許され、映像判定にゆだねることができるシステムですね。

選手がチャレンジをすると、観客がいろいろなリアクションをするんですね。

特に注目すべきは、映像でボールがラインに近づいていく時です。

「オーーーーー!」だったり、「ハイ、ハイ、ハイ、ハイハイハイ」と手拍子とともにだんだんテンポが速くなっていったりです。

最近は、心臓の鼓動を連想させる「ドクン、ドクン」という音が流れるようになっているようです。

なかなか面白いですよ。

こんなわけでテニスにはたくさんの魅力があるのです。

実際に見て評価!私がおすすめするテニスDVD教材はコレだ!

テニスが全然上達しない人のためのサイト

Sponsored Link

フォローする