ブラジリアンワックスで毛は薄く細くなるのか?

女性の脱毛

毛を何度も抜いてると、生えてこなくなることがありますよね?

 

例えば、私の場合、わき毛を何度も抜いていたら、そのうち生えてこなくなりました。

 

ということは、ブラジリアンワックスで定期的に毛を抜いていれば、レーザー脱毛なんてしなくても脱毛が出来そうな…?

 

今回は、ブラジリアンワックスを続けていれば、毛は細くなっていくのか?はたまた、生えてこなくなるのか?解説していきたいと思います。

ブラジリアンワックスの原理

ブラジリアンワックスは、温めたワックスを毛に塗り、その上にシートをかぶせ、ワックスが固まったところを毛ごと一気に引きはがしていく方法です。

 

毛は毛根から取り除かれるので、2~3週間は生えてこなくなります。

毛根から毛を取り除いても毛はまた生えてくる理由

ブラジリアンワックスで除毛すれば、毛根ごと取り除けるので、「何度もやっていればいつかは毛が生えてこなくなるんじゃ…?」と思う人もいると思います。

 

しかし、ブラジリアンワックスで永久脱毛が出来るなんてことは聞いたことがありませんよね?

 

その理由は、たとえ毛根ごと毛を取り除いても真の脱毛にはなっていないからです。

 

毛穴の奥には、“毛乳頭”“毛母細胞”と呼ばれる組織があります。毛乳頭は血液から受け取った栄養を毛母細胞に受け渡し、毛母細胞は速いスピードで細胞分裂して毛を作り出します。

 

結局、毛根から毛を取り除いたところで、毛乳頭が生きている限り、また毛が生えてきてしまうのです。

なぜ毛が細くなることがあるのか?

毛を抜き続けていると、毛が細くなったように感じることがあります。

 

それはおそらく、新しく作られた毛がたまたま細かっただけであり、逆に太い毛が生えてくる可能性もあります。

 

ですから、「毛は何度も抜いていると細くなる!」と単純に考えないほうがいいのです。

脱毛するには毛乳頭細胞を破壊するしかない

一時的にではなく、永久的に脱毛をしたい場合は、針脱毛やレーザー脱毛を利用して、毛を作り出す細胞“毛乳頭”を焼いて破壊するしかありません。

 

ちなみに、レーザー脱毛とは、「光は黒いものに吸収されやすい」といった原理を利用して、集中的に毛乳頭を壊していく方法です。

 

うまく毛乳頭を破壊することが出来れば、毛が抜け落ちた後はもう毛が生えてくることはありません。

 

ただし、毛には毛周期(1.5~3ヶ月)があり、毛が休止期に入っていると、黒い色素(メラニン色素)が足りずにレーザーに反応しないため、レーザー脱毛は定期的に通う必要があります。ですので、医療機関でレーザー脱毛を受ける場合は、年単位で通えるところを選ぶと効果的です。