男のアンダーヘア脱毛後は温泉が恥ずかしくないか?

メンズ脱毛

男の人で、自分のアンダーヘアが剛毛すぎて気になっている人は多いと思います。また、昔から様々な部位の毛を自分で処理しているような人は、脱毛をすること自体に抵抗がないこともありますよね?

 

そういった人たちは、陰毛の永久脱毛を考えます。

 

しかし、本当にそれで後悔しないか、心配です。例えば、温泉では真っ裸になりますが、あそこに全く毛がなく、つるんつるんだったら、周りからどう見られてしまうのか?恥ずかしくなってしまいそうです。

 

今回は、男のアンダーヘアと温泉事情について考えていきたいと思います。

日本はまだ男のアンダーヘア脱毛が浸透していない

海外では、男性も自分のアンダーヘアを処理したり、脱毛することが常識的になっているところもあります。エチケットとしてですね。

 

しかし、日本はどうかというと、まだまだ男性がアンダーヘアを脱毛する行為は浸透していません。

 

銭湯に行っても、大人の男性でVラインの陰毛がない人を見かけることは非常に少ないですよね。なので、陰毛脱毛後の温泉は注目を浴びる可能性があります。

 

また、友人と旅行をする際も、からかわれるかもしれませんし、今後「ここまで処理しなきゃよかった…」と後悔しても遅いです。

Iライン、Oライン、玉袋の脱毛をするのは賛成

ただし、Iライン、Oライン、玉袋の脱毛をするのは賛成です。

 

この部分に関しては、温泉に入っても見られることがない部分ですので、処理しておいたほうが楽です。処理しておけば、う〇こが毛に絡まったり、蒸れて臭くなることを避けることができます。

 

また、玉袋に関しても、個人的に毛は必要ないと思っています。夜の営みの時も、女性側からしたらないほうが清潔感があって印象がいいです。私も以前処理した時に「カンガルーみたい」と言われました。玉袋がカンガルーの袋に見えたのでしょう。毛が生えていた時期はそんなこと一度も言われたことがありませんでした。やはり、毛は汚いイメージなので、毛が生えていた時は無意識に視線を避けていたんだと思います。

Vラインは自然に残しておいたほうが無難

日本に住んでいる以上、Vラインの毛は剃らずに自然な状態にしておいたほうが無難です。

 

形を処理するのも、違和感を覚えます。

 

アンダーヘアを処理するのなら、Vライン以外の場所から始めましょう。