怒り・腹が立つ・むかついた!そんな自分をコントロールする方法3つ。

人には大きく分けて4つの感情が存在します。

そのうちの1つが「怒」です。

人に怒って“嫌な思いをさせてしまった”、“自分が嫌な思いをした”という経験は誰にでもあるはず。

そこで、ここでは怒りをコントロールする方法について書いていきたいと思います。

怒ることで発生するデメリットを理解する

怒るとどんなことが起きるでしょうか?

  • 人が嫌な気持ちになる
  • 否定されれば落ち込む
  • その後の人間関係がギクシャクする
  • 自分が疲れる
  • 不適切な言葉を言ってしまう可能性がある
  • 後になって後悔することがある

とにかく色々挙げられます。

叱る・注意することは時に必要です。

しかし、怒るのは本当に今必要ですか?

もし、怒りが込み上げてきたら一度考えてみましょう。

必要のない場面で怒るのはおろかだと考える

冷静さを欠き、怒鳴り散らしている人を見たらどう思いますか?

「他に方法があるだろう。そんなに怒ったって意味がない。おろかなヤツだ」

と思いませんか?

私は思います。

これを自分にもあてははめるんです。

もし、怒りが爆発しそうになった時、

「もしここで怒りを露わにしたら、客観的に見てどう思われるんだろう?賛同してくれる人はいるだろうか?」

と考えてみるのです。

あなたは分別のある人です。

怒りが込み上げてきた時こそ、冷静に対処しましょう。

怒りが爆発しそうになったら一度深呼吸してみる

冷静に対処するためにも、一度深呼吸をしてみましょう。

人間には、感情と理性があります。

そして、それぞれの脳の伝達スピードが違うことを知っておきましょう。

感情のほうが早く伝達するため、カッとなりやすいのです。

もし怒りそうになった時に深呼吸をすれば、理性が追いついてきて冷静な判断が出来る可能性が高まります。

場面場面で的確な判断が出来る人、自分が悪いのか相手が悪いのかを判断できる人は尊敬されます。

自分が怒りに支配されないようにしましょう。

Sponsored Link

フォローする