彼氏が年上なのにデート代を割り勘されるって?その心理を考察してみる

デート代の割り勘問題はなかなか難しいところがあります。

お金に対する価値観は人それぞれ違うので、時にすれ違いが起こることも…

では、彼氏が年上なのに、割り勘をしてくる人のことをどう思うでしょうか?

その年上の彼氏はどんな心理で割り勘をしてくるのでしょうか?

考えていきたいと思います。

年上の彼氏から「割り勘にしよう!」と言ってくる例

女性の中には「男がお金を払うのは当たり前!そうでなくとも多めに払うべき」と思っている人はいると思います。

逆に男性の中にも「男が払うのは当たり前!せめて多めに払う!」と考える人も多いと思います。

しかし私は、あるカップルを知っています。

そのカップルの彼氏は彼女よりも年上なのですが、付き合い始める時に「デート代は割り勘にしよう」と提案したのです。

彼女はその提案を受け止め、結果的にとても長く付き合い続けています。

自信を持って割り勘にするのには理由がある

年上の彼氏であるにも関わらず、デート代を割り勘にするのにはしっかりと理由があると考えます。

それは、“真剣で対等なお付き合いをするため”です。

事前に「割り勘」を公言することには様々なメリットがあります。

  • お金のトラブルを避けることが出来る
  • 年下の女性も気を使わずに交際することが出来る(年齢にとらわれない対等な関係)
  • 彼氏=財布にならない分、真剣な交際が出来る

です。

女性からすると本当にその人が好きであれば、割り勘であろうとなかろうと交際するはず。

もし、「年上のクセに割り勘じゃねーのかよ!」と思う人は、男を財布に見ているか、周囲に「彼氏が全奢りしてくれるんだぁ~」と自慢したいだけでしょう。

でも私は奢りたい派

ちなみに私は、好きな女性に対してはデート代を奢りたい派です。

その理由としては、

  1. 「デート代はなるべく男が支払うべき」という偏見を持っているから
  2. 心のどこかで見栄を張りたいと思っているから
  3. 好きな女性には、他の好きなことにお金を使ってほしいと思うから
  4. 嫌われたくないから

です。

特に1.が大きく占めています。

そして、好きではない女性にはあまり「奢ろう」とは思わないです。

私の“奢りたい理由”を見ると、案外不純な動機です。

そのため、「割り勘にしよう」と提案する人のほうが真剣な交際をしてくれるのではないでしょうか?

あまり「年上なのに奢ってくれない…」と嘆く必要はないと思います。

恋活おすすめサービス

恋活おすすめサービス

私の周りでもカップル誕生のpairs

pairs

ペアーズは利用者数が多いので、マッチング率が高いです。これまで出会いがなかったあなたも、異性とデートをすることが出来ます。楽しい時間を過ごしながら、気の合う恋人を作りましょう。

※女性は利用料無料!

公式サイト⇒Facebookで恋活・婚活【pairs】

我流!ペアーズの上手な使い方とコツ

ひとりNGな相席屋の潜入レポート!口コミ・デメリットをブログでご紹介!

彼氏・彼女が欲しい時に便利なアプリを紹介!

Sponsored Link

フォローする