ホワイトデーにお返しをしない男性の心理。どうして何もくれないのか?その理由を考えた。

もし、バレンタインデーに本命のチョコレートを男性にあげていたら、ホワイトデーはとてもドキドキする日だと思います。

「どんな返事がくるのか?」

「私の想いは伝わっているのだろうか?」

「もしフラれたらどうしよう…」

様々な思いが巡ると思います。

しかし、想像していたどれでもなく、何もくれなかったとしたら…

ここでは、ホワイトデーにお返しをしてくれない男性の心理について考えていこうと思います。

「少し好意はある」レベル以上ならお返しはくれるはず。くれないとしたら恋愛対象外か

もしバレンタインにチョコレートをもらったのに、チョコレートをお返ししないということは、「変に勘違いされたくない」という気持ちがあるのかもしれません。

または恋愛に興味がないのかも。

もし、少しでも好意が少しでもあれば、「渡したい」という気持ちが芽生えてるはずです。

しかし…

あげたくてもいいタイミングが見つからない時もある

もし「渡したい」と思って用意していても、渡すタイミングがないと渡せないことがあります。

それは、相手のことが好きであればあるほど渡しにくいです。

さらに、消極的だったり小心者ほど思い切ってお返しすることが出来ません。

「もし周りにバレたら嫌だ」

「本当は渡したいけど、連絡先も知らないからコンタクトのしようがない」

こんな風に考える人を好きになってしまった場合は、ホワイトデーにお返しを渡しやすい隙を作ってあげることも必要です。

プライドが高い人は恥ずかしいからあげないこともある

「カッコ悪いのは嫌だ」

と考えるようなプライドの高いような人は、無理をしてまでホワイトデーをお返ししないことがあります。

また、まだ付き合ってもいなく、お互いを十分に理解しあえていないと、男性のほうもどんな態度で接していいか戸惑うこともあります。

ホワイトデーは男性にとって結構ハードルの高いイベントです。

もし、お返しがなかったからといって完全に諦めるのはもったいないと思います。

(最近は草食男子も多いですし)

様子を見ながらアプローチをかけてみましょう。

恋活おすすめサービス

恋活おすすめサービス

私の周りでもカップル誕生のpairs

pairs

ペアーズは利用者数が多いので、マッチング率が高いです。これまで出会いがなかったあなたも、異性とデートをすることが出来ます。楽しい時間を過ごしながら、気の合う恋人を作りましょう。

※女性は利用料無料!

公式サイト⇒pairs

我流!ペアーズの上手な使い方とコツ

ひとりNGな相席屋の潜入レポート!口コミ・デメリットをブログでご紹介!

彼氏・彼女が欲しい時に便利なアプリを紹介!

Sponsored Link

フォローする