風邪で熱がある時でもお風呂は入っていいのか?入る時の注意点と「入ってはいけない」と言われていた理由。

昔から「風邪を引いた時はお風呂に入らないほうがいい」と言われていました。

しかし、最近ではそうでもないんですよね。

今回は、風邪とお風呂の関係について書いていきたいと思います。

かつて「お風呂は入ってはダメ」と言われていた理由

どうして昔は風邪の時にお風呂はダメだったのでしょうか?

それは湯冷めの危険性があったからです。

かつてはお風呂が家になく、銭湯を使っている家もありました。

この時に風邪を引いていると、銭湯から家までの帰り道で湯冷めをして体が冷えてしまいます。

そうしたことから、「風邪を引いている時にはお風呂に入ってはいけない」と言われるようになったのです。

風邪の時にお風呂に入る時の注意点

現在は家にお風呂がある家が圧倒的に多いです。

そのため風邪を引いている時でもお風呂には入って大丈夫です。

ただし、注意することがあります。

お風呂ではしっかりと体を温める

しっかりと湯船につかり、体を温めなければなりません。

温めることでいいことがたくさんあります。

  • 風邪のウイルスの活動を抑制することができる
  • 体の免疫機能を向上させることができる

などです。

ただ、脱水症状を起こさないように水分はしっかりと摂っておきましょう。

お風呂から出る時は、きっちりタオルで体の水滴をふき取る

体に水滴がついていると、それが湯冷めの原因となります。

水滴は体の熱を奪って、大気中に蒸発しようとするためです。

きっちりと水滴を拭いて、早く服を着るようにしましょう。

高熱の時は入浴を控える

お風呂に入ると血圧の上昇が起こります。

それは運動している時と同じような状態だということです。

高熱で体が弱っている時に、さらに入浴で体に負担をかけるというのはあまり好ましくありません。

そういった時は入浴は控え、温かい格好で十分な睡眠をとりましょう。

Sponsored Link

フォローする